全国の結婚式・結婚式場クチコミ満載の情報サイト

ログイン 新規会員登録
結婚準備ガイドブライダル用語集 > 結納編 サイトマップ

結納編・・・婚約を正式に交わす儀式

スタイル

正式結納 >結納編>スタイル

仲人が結婚する両家を往復して、結納品を引き渡しするもの。まず男性側から結納品を預かり、女性側へ届け、男性側へ渡す受け書と結納品を預かり男性側へ届ける。そしてまた受け書を女性側に届けるというもの。現在は時代の流れと共に、略式結納が主流となっている。

略式結納 >結納編>スタイル

結納というと現代は、略式結納が一般的。女性宅に男性側が伺い、結納品又は記念品や受け書の交換を行って儀式を行う。結婚式場やホテルなどを利用することや、両家の顔合わせも兼ねて行われる場合が多い。

顔合わせ食事会 >結納編>スタイル

結婚する両家の両親・家族が正式に顔を合わせて、お互いの結婚の意志を確認し、両家の親睦を深めることを目的としている。特に決まりはないので、結納を簡略化した食事会や記念品の交換などを、レストランやホテルなどで行うことが多い。

結納飾りと結納品

松ー御帯料(おんおびりょう)又は小袖料  >結納編>結納飾りと結納品

一年中葉が青々と茂り落とさない事から、家の繁栄の願いを込めている。
小袖料とは、結納金のこと。昔は花嫁衣装(小袖)を贈っていたことから言われるようになった。

竹ー家内喜多留(やなぎたる)又は清酒料 >結納編>結納飾りと結納品

竹のようにまっすぐな成長、人生の節目を二人で乗り越えるように、潔白と節度の願いを込めている。
柳や漆・朱塗りの酒樽の事で、喜びの多い家になることを願う縁起物。現在では清酒料と記して現金を包むことが多くなっている。

梅ー勝男節(かつおぶし) 又は 松魚料 >結納編>結納飾りと結納品

梅は冬の厳しい寒さに耐え、春一番に花を咲かせて実を結ぶことから、忍耐と結実を願うもの。 勝男武士ともいい、強い男性の象徴で鰹節を結納の品とした。現在では酒の肴の代わりの金子を意味する事から、現金を包むことが多くなっている。

鶴ー熨斗(のし) >結納編>結納飾りと結納品

長寿を願い、生涯をつがいで過ごし、他の相手と一緒にならない節操を表す。
熨斗はあわびを薄く長くのばしたもので延命に通じ、長生不死の薬と言われている。日本では神への捧げものとされていて、お祝いの儀式では欠かせないものとされている。

亀ー末広(すえひろ) >結納編>結納飾りと結納品

婚礼用の白無地の扇子のこと。扇子の形状から末には広がって、繁栄を極めるとの願いを込めている。純真無垢の意味も含める。末恵廣、寿栄廣とも書く。

共白髪 又は 高砂人形 >結納編>結納飾りと結納品

関東地方では、白い麻を束ねたもの。関西地方では、尉(おじいさん)、姥(おばあさん)の夫婦の人形、で共に白髪になるまで共に中睦まじく添いとげるようにとという意味がある。

寿留女(するめ) >結納編>結納飾りと結納品

スルメの干物から由来しているもの。日持ちがする事から食べ物に困らないという意味と、噛めばかむほど味が出ることから、このような嫁になって欲しいという意味が含まる。

子生婦(こんぶ) >結納編>結納飾りと結納品

昆布のから由来している。海底での生命力から子孫繁栄を願って贈る。また「よろこぶ」にも通じる縁起物とされる。

結美和(ゆびわ) >結納編>結納飾りと結納品

婚約指輪を指します。おめでたい字をあてて書きます。

一台飾り(いちだいかざり) >結納編>結納飾りと結納品

結納品をそれぞれ一つの台に載せる形式のことをいう。主に関西地方の婚礼に利用されており、とても豪華な印象がある。儀式の際は、床の間に結納品を飾り、目録だけ渡す。

小道具

片木盆(へぎぼん) >結納編>小道具

片木(へぎ)とは薄い白木の板を指し、片木盆(へぎぼん)とは、足の無い白木の献上台で盆として使用するものを指す。神仏へのお供え物を載せるためのものだが、結納では、目録・受け書・家族書・親族書などを贈る時に使われる。両家が片木盆に結納品を載せ、広蓋 (こうがい)の中に入れ、袱紗(ふくさ)をかけて持ち寄る。片木盆ごと相手に手渡すのが、直接渡すよりも丁寧とされ、しきたりである。

白木の献上台 >結納編>小道具

足付きの台で、結納品を載せて納められるもの。贈呈(献上)する品物を載せる台を献上台といい、品物を直接持って手渡すより、お盆に載せたまま手渡す方が丁寧な方法と考えられている。結納品は台ごと全て献上する意味があり、納められた際は献上台を返す必要はない。

小槌(こづち) >結納編>小道具

打ち出の小槌の事で、昔話の一寸法師や大黒天が袋と一緒に持っている事で知られている。振ると福を生み、もうひと振りすると運を生むと伝えられる。飾り房が付いており、松竹梅や鶴など縁起の良い絵が書かれていて、10㎝以下の大きさのものが使われる。結婚後も正月に飾る風習がある。

ふくさ(袱紗)  >結納編>小道具

絹で作られた小型の風呂敷のようなもの。贈り物の上に掛けたり、包むために用いられる。結納では、片木盆に載せた目録の上に掛けて使用する。一般的には、ご祝儀袋を包むのために使用する事が多く、慶事は赤や臙脂、紫などの赤系や淡い色を使用する。

風呂敷 >結納編>小道具

風呂敷?と思われる方もいらっしゃるかも。結納品を風呂敷で折りたたむように包み、持参する。「結んだものはほどける」ことは避ける事から、結ばずに家紋や寿の柄は上部の中央へくるようして包む。

祝い膳(いわいぜん) >結納編>小道具

結納後に囲む宴席料理のこと。結納をお祝いした料理を女性側が用意するのが一般的。縁起の良い素材を使った鯛の尾頭付きやハマグリの潮汁などの料理が出され、割り箸は「割れる」という忌み言葉から使用を避けて、寿の袋に入った慶事用の柳の丸箸を使う。

昆布茶・桜湯(茶) >結納編>小道具

「茶々を入れる」「お茶をにごす」という意味から、慶事では煎茶ではなく、昆布茶や桜湯でもてなす。昆布茶は「喜ぶ」、桜湯は「花開く」という縁起の良い意味を含むことから、見合い・結納・婚礼の席で出される飲み物となった。添えられるお菓子も鶴亀・松竹梅・扇子などをかたどった縁起のいいものを選ぶ。宴席などの儀礼的な事が終わった後は、煎茶や好みのお茶を出して良い。

掛け軸 >結納編>小道具

掛け軸も縁起物のひとつ。結納時には、お話床の間に飾る掛け軸は鶴や亀などおめでたい柄が良しとされている。

書類

目録 >結納編>書類

結納品の内容を記したものを目録と言う。贈る側が基本的に用意するが、結納品を購入するとついてくるので心配無用。

受書(ウケショ) >結納編>書類

結納を贈る側が目録を用意するのに対して、戴く側が結納品を受領した証として用意し、渡すもの。「○○の結納品を確かに受け取りました」と受け取った結納品の品目を婚約の印として、結納式のその場で筆書きする。現代では、筆で当日書くケースは少なく、また、結納品の内容が分からないなどの理由から、贈る側が用意したり、結納品の購入の際に付いてくる場合が多い。その場合、受け取る側は内容を確認して捺印し返却する。両家揃っての結納で、その場で結納品の交換があり確認できる場合は省略する事も可能。値段は無料~3000円程度。

家族書(かぞくしょ) >結納編>書類

家族書は、一般的に二親等までの同じ戸籍(同居)の家族の氏名・年齢・続柄を記したもの。親族書は、別世帯を持っている兄弟など、家族以外の三親等内の親族の氏名・年齢・続柄・住所・職業などを記したもの。結納時に両家で交換する。奉書を奉書紙に横長に二つ折りにし、折り目を下にして墨で書き、左、右の順に三つ折りにして上包みをかけるのが正式。最近では、白い便箋にペンで書いて、下から三つ折りにして白い長封筒に入れても構わない。表書きには「家族書」「親族書」と記す。現在は、家族書のみの交換やどちらも省略される場合、また、お見合いの時の釣書を交換して済まされる場合もあるが、取り交わすなら両家共同じように用意する。

身上書 >結納編>書類

結婚を前提とした交際をする時に、相手に渡すもの。特に決まったものではなく、家族の現在の状況を文にして知らせるもの。氏名・生年月日・現住所・本籍・学歴・職歴・趣味・特技・資格・身長・体重など、履歴書に書くような内容のもの。家族の氏名や生年月日・学歴・職業・両親の出身地なども書く。白無地の便箋でペンで書き、白い封筒に水引や熨斗は付けずに渡す。

釣書(つりしょ・つりがき) >結納編>書類

系図などの血縁関係を示すものを意味し、氏名と氏名を線で結んだ様から由来する。武家の間の縁談、見合い結婚・媒酌結婚の際に取り交わされた書類で、両家の釣りあいが取れるかを調べる為に交わされる書類であった。現在でも、見合いの際に取り交わす身上書や親族書を指し、それらを水引や熨斗の付いていない白い封筒に入れ、仲人を介して相手方に渡すもの。

その他

結納プラン >結納編>その他

結納プランも今はさまざま。ホテルや式場が実施している結納用のプランを指す。結納をする個室などの会場使用料、結納のお祝い膳、会場装花、記念写真など、様々なものがプランに含まれている。結納品が含まれている場合も多々ある。

結納品 >結納編>その他

結納品は昔、実用的なものを送ることが多かった。だが、今ではおめでたい言葉にかけた縁起物が主流。品数は5品、7品、9品、11品、13品と奇数にして贈るのが慣例。(※指輪などを加えて偶数になる場合は熨斗とセットの福槌を1品として数え、奇数に調性)品物の内容や習慣も地域によって違う。リサーチしましょう。出身地域が違う場合は男性側のしきたりに合わせた結納式になるので、ご注意を。

結納金 >結納編>その他

元々は花嫁衣装を買う準備資金として男性側から女性側に贈られる現金で、結納品の一つ(小袖料)のこと。一般的な相場は、給料の2~3カ月分で50万~100万円くらいが多い。

婚約記念品 >結納編>その他

婚約の印として贈る品の事。女性は婚約指輪(エンゲージリング)、男性はスーツや時計などを一般的に贈りあう。最近では、結納を行わない事が多く、婚約記念品の交換だけ行う人が増えてきている。

決め酒(きめさけ) >結納編>その他

婚約の風習(名古屋中心部を除く、東海全域でみられる)で、「たもと酒」「ないしょ徳利」と呼ぶ地域なども。結納前の大安か友引の午前中に、仲人または男性の親が酒とするめを持って女性の家を訪ね、正式に結婚の承諾を得るというもので、現代日本において結納と同時に行うことがある。

結納返し >結納編>その他

「半返し」とも呼ばれ、結納金の半額~1/3を包んで渡す結納の受領の印。関東では半返しの習慣が強く、結納も取り交わすと言う。関西地方では「御多芽返し(おためがえし)」ともいい、結納金の1割を返すのが慣習で結納を収めると言う。「御多芽返し」とは「相手に返して貯めておいてもらう」という意味から派生した関西独特の習慣。

引出結納(ひきだしゆいのう) >結納編>その他

結納後の1~2ヶ月の間に、女性から男性に贈られる結納返しの事。主に、東海地方や九州地方で行われている。東海地方では結婚記念品を、九州地方では時計や背広を贈る。

口上 >結納編>その他

仲人や両家の代表が、手順通りに述べる決まり文句のこと。言う型にはまった挨拶の言葉の事で、結納の席では、「幾久しくお受けいたします」などの独特の言い回しを確認しておく。地方によってもしきたりが違う場合があるので、事前に確認が必要。