全国の結婚式・結婚式場クチコミ満載の情報サイト

結婚準備ガイドブライダル用語集 > 準備 サイトマップ

準備・・・結婚式の準備から新生活に至るまで色々な準備が必要

ブライダルフェア

ブライダルフェア >準備編>ブライダルフェア

ホテル・結婚式場・レストランが主催する、ブライダル・アイテムのプレゼンテーションイベントのこと。最近は気軽に楽しめる参加型のイベントが増えていて、料理の試食や衣裳の試着などちょっとしたデートコースにも出来る。模擬挙式や模擬披露宴、料理の試食、衣裳の試着など結婚式当日のイメージが ふくらむさまざまな体験ができる。当日参加が可能なものが多いけれど、予約が必要なものもあるので、事前の情報収集はしっかりと。

試食会 >準備編>ブライダルフェア

「写真の写りはいいものの、実際に食べてみたらまずかった…」こんな失敗をしないために、披露宴での婚礼料理と同じものを試食できる会がある。これが試食会。
試食するコースは、予約制で有料だが、通常料金よりも安く設定されていることが多く、模擬披露宴を行う会場もある。人数が限られているので、お目当ての会場には早めの予約をすると良い。

試着会 >準備編>ブライダルフェア

一度は行ってみたいブライダルフェア。実際の婚礼衣裳が試着できるのがこちら。その会場のレンタルドレスの下見ができる。会場によっては和装の試着やヘアメイク、撮影のサービスなど、いろいろなお試しが出来てとてもお得な気分になるのでは。

模擬挙式 >準備編>ブライダルフェア

実際にモデルが挙式を行うデモンストレーションのことで、式場のフライダルフェアなどで行われるイベントの一つ。結婚式の流れを一通り確認する事が出来、模擬挙式なども行われるため参考になることが多い。また、会場の雰囲気を体感出来たり、参加者は列席者としての目線で見ることが出来る。挙式が少ない仏滅に行われることが多い。

模擬披露宴 >準備編>ブライダルフェア

実際にモデルが結婚披露宴を行うデモンストレーションのことで、式場のブライダルフェアなどで行われるイベントの一つ。本番同様の結婚披露宴が行われるので、下見だけでは解らなかったことも体験する事が出来る。模擬挙式と同時に行われることも多く、試着会・試食会も行われる為、当日の流れや雰囲気などを列席者側の目線で体験する事が出来る。演出や最新トレンドを目の当たりにすることも出来るので結婚式のイメージも広がりやすい。

見積り >準備編>ブライダルフェア

結婚式・披露宴に必要な金額を会場側から出してもらうこと。希望項目、招待人数などを伝えれば無料で出してくれる。ゲストの数や演出の量、質などでも金額が変わったり、その会場の相場を知るきっかけとなるので、気軽に見積を出してもらい、他の会場と比較検討するのが良い。

お金

内金(うちきん) >準備編>お金

結婚式場・披露宴会場などを正式に予約申し込みをする際に手付金として会場側に支払うお金のこと。相場は5~20万円位だが、会場によって異なるので確認が必要。最終的にはかかった費用の全額から内金を差し引いた金額を支払うことになる。また、内金を支払った時点でキャンセル料が発生するので、最終的な決定をしたうえで支払うようにする。

お祝返し(おいわいがえし) >準備編>お金

結婚祝いのお返しは「披露宴に招き、引出物を渡すこと」とされているが、お招き出来なかったり、欠席された方からのお祝いは、結婚式・入籍後一ヶ月以内にお祝い返しを贈るのが一般的。お祝いの三分の一から半額程度で、シンプルなものを選び、結び切りの熨斗紙に「内祝い」と表書きに記して贈る。披露宴に招いた方でも、お祝いの金額が大きい場合には別途で内祝いを贈ることもある。また、祝電にはお返しはしなくてもいいが、結婚の報告とお礼をすることは必要。

お車代(オクルマダイ) >準備編>お金

挙式当日に交通費として包むお金のこと。こちらからお願いして出席していただいた主賓・仲人・乾杯の発生をお願いした方など大切なゲストには、少なくとも1万円以上包むのがマナー。また、遠方の親戚や友人などの交通費も宿泊費と合わせて包むが、金額はこれまでの付き合いなどで臨機応変に決める。ハイヤーなどを手配した場合は不要。

心付け >準備編>お金

結婚式や披露宴の当日に携わってくれたスタッフに渡す謝礼のこと。ウエディングプランナーや介添え人、司会者、ヘアメイクなどの方に懐紙やポチ袋(祝儀袋)に入れ、お渡しする。金額は一般的に3000円から1万円で必ず新札を用意する。受付などを手伝ってくれる友達にも忘れずに渡す。結婚式会場によっては、サービス料として予め費用に含まれている場合や規則で受け取らない場合もあるので、事前に確認が必要。その場合は、気持ちなのでお菓子などを用意したり、臨機応変に対応するといい。

お礼 >準備編>お金

主賓や友人など招待客に渡す謝礼のこと。主賓や媒酌人、遠方からのゲストや受付・撮影・司会など、こちらからのお願いで結婚式・披露宴に参加していただいた方へのお礼として渡す。一般的に媒酌人をお願いした方には、10~20万円が相場。

ご祝儀 >準備編>お金

披露宴に出席する人たちからいただくお金。これをご祝儀という。披露宴に招かなかった人からもらった場合は、1ヵ月以内にお祝い返しを。最近ではカタログギフトが人気。表書きは「内祝い」か「寿」で半額程度の品物をお返しするのがマナー。

お日柄

六輝 >準備編>お日柄

日時・方位などの吉凶、その日の運勢などを記載した暦のことで「先勝」「友引」「先負」「仏滅」「大安」「赤口」の6種類ある。日本の行事の日取りは、多くが六輝によって決められており、お祝い事には大安を好み、葬儀は友引を避けるなど、重要視する傾向にある。特に結婚式の日取りについては、六や八のつく日も縁起がいいとされて、六輝と合わせて決めらる。最近は、仕事などの都合から新郎新婦の主導で日取りが決められることが多くなり、六輝を気にしない傾向も目だつようになってきた。

大安 >準備編>お日柄

終日中、吉とされている日。「大いに安し」との意味を持つ。何事にも良いとされているので、結婚式や結納を行われることが多く、結婚式場の予約も集中するため、希望するなら仮予約だけでも早めに行うと良い。旅立ち・移転・開店など何かを始める際に選ばれることが多い。

友引 >準備編>お日柄

午前中・夕方を吉とし、正午は凶とされる。大安の次に結婚式・披露宴に選ばれることが多いが、正午からのスタートは、凶事が共に及ぶとされるので避ける。「友を引く」や「幸せのおすそ分け」として結婚式や引き出物の発送に選ぶ人が多い。本来は何をしても勝負がつかない日とされている。

先勝 >準備編>お日柄

午前中は吉、午後は凶とされている日。先んずれば勝つという意味があり、急いで早く行うと幸運が舞い込む日とされ、急用や訴訟などに良い日とされる。結婚式は、午前中から始めれば午後になっても構わないとされている。

先負 >準備編>お日柄

午前中は凶、午後は吉とされている日。先んずれば負けるという意味があり、静かに待つことが良いとされる。急用や争いごとを避けるなど、何事も控えめにすることが吉。結婚式やお祝い事などは午後から行うのが良いとされている。

赤口(しゃっこう・しゃっく) >準備編>お日柄

正午のみを吉とする日。赤口神という鬼神が人々を悩ます日で、赤口の午の刻だけは休むので吉となる。午前も午後も凶なので、一般的に厄日とされており、何事も避けた方が無難。特に祝い事には台強とされており、「赤」という字から火や血の連想で、火の元や怪我に注意する日とされる。

仏滅 >準備編>お日柄

全てにおいて凶とされる。仏も滅するような最悪の日と言う意味があるので、結婚式など祝い事は避けた方が良いとされている。最近は仏滅割のプランなどもあり、記念日などにあたるとこの日に結婚式を挙げるカップルもいる。勝負事や取引に悪い日。

新生活

荷入れ >準備編>新生活

飾りつけをした婚礼用のトラックで、新婦の家財道具などを新居に運び入れるしきたりを荷入れといい、一般的には結婚式の2~3週間前の吉日の午前中に行う。単なる引っ越しではなく、一生に一度の儀式としての意味合いが強い。

荷出し・荷送り >準備編>新生活

「荷入れ」と同じ意味合いで使われていて、関西地方では「荷出し」、東海地方では「荷送り」、地方によっては「荷物納め」「荷物送り」などとも呼ばれている。新婦が購入した家財道具などを飾りつけをした婚礼用のトラックで、新居へ運び入れるしきたりのこと。結婚式の2~3週間前の吉日の午前中の行うのが一般的である。

その他

結婚シーズン >準備編>その他

気候が良く、結婚式をするのに人気のあるシーズンのことを言う。日本では、4~6月、10~11月が結婚シーズンで、この時期の週末や連休、日柄の良い日は予約で集中し、オンシーズンとも呼ばれる。逆に、真夏や真冬はオフシーズンと呼ばれ、挙式の数も少ないため、お得なパックプランなどを利用するのも良い。

パックプラン >準備編>その他

結婚式に必要な挙式料、料理・ドリンク、装飾・装花、演出、ウエディングドレスなどをパッケージにしたプランのこと。結婚式場やホテルによって、さまざまなパックプランが用意されていてコストパフォーマンスも高い。ただ、あらかじめセットの内容が決められ限られているので、自由度はあまりない。

正式予約 >準備編>その他

挙式の会場を正式に決めて、申し込みをすることを言う。式場や会場によっても異なるが、予約の際には5万~20万円程度の予約金(手付金)を納めるのが一般的。支払い金の一部に充当される。正式予約後のキャンセルにはキャンセル料が発生し、予約金は返金されない。

仮予約 >準備編>その他

挙式会場を検討する際に、正式な申し込みではなく希望の日取りの予約を仮に押さえておくこと。気に入った式場や会場が見つかったら、まずは仮予約しておき、その間に検討を重ねて決定すれば良い。仮予約の期間は1週間~10日程度が一般的で、仮予約にはキャンセル料が発生しない場合がほとんどである。

水引(水引き) >準備編>その他

結婚や慶事のお祝いに使うご祝儀袋や封筒などにかける飾り紐のことで、用途によって結び方や色が決められている。結婚のお祝いには紅白や金の「結び切り」を使い、何度繰り返さないようにとの意味が込められている。入学祝いや出産祝いは何度あっても良いので、「蝶結び」の水引を使う。

仲人 >準備編>その他

仲人は、結婚を決めた男女の間を取り持ち、両家の間に入って結婚の準備や相談に乗る役目の人。結納の際には「使者」としての役割を果たし、挙式や披露宴では「媒酌人」としての役目も担う。最近では、仲人を立てない結婚も増えている。

媒酌人 >準備編>その他

結婚式や披露宴の当日の立会人のとこで、仲人が媒酌人を務めることが一般的である。披露宴の際、祝杯の発声をするのも媒酌人の役割りで、披露宴の間は新郎新婦の両端に座っている。仲人と同じような意味合いでも使われるが、媒酌人は挙式・披露宴当日だけの立会人の場合もある。

ウエディングノート >準備編>その他

ウエディングノートとは、ウエディングにまつわる記録全般のことを指す。結婚を決めた時から、結婚式の準備や挙式当日までのことを記録し、感じたことなども書き残すことで記念になり一生の思い出にもなる。ノートややスケッチブックに綴るのが一般的だったが、最近ではブログなどをウエディングノートに利用する人も増えている。

ブライダルチェック >準備編>その他

女性が結婚前に行う婦人科検診のことで、結婚式の半年~3ヶ月前までに済ませておくのが一般的。妊娠や分娩に影響があるため、婦人科の検診をあらかじめ受けて結婚式に臨む人が多い。ブライダルチェックは健康診断の一種なので健康保険は適用されため、3万円程度の費用がかかることも。

海外挙式プロデュース会社 >準備編>その他

海外での挙式やハネムーンの手配や続きを代行する会社のことを指す。旅行会社にも専門の部門があるところも多いが、海外挙式の人気に伴い、海外挙式をプロデュースする専門の会社も増えている。現地にも日本人スタッフや日本語の堪能なスタッフがいるので、いろいろと比較して利用すると良い。