全国の結婚式・結婚式場クチコミ満載の情報サイト

ログイン 新規会員登録
結婚準備ガイドブライダル用語集 > 結婚式 サイトマップ

結婚式(挙式)・・・婚姻を認証・成立させるための儀式

スタイル

チャペル式 (教会式) >挙式編>スタイル

約6~7割のカップルが行う人気の結婚式スタイル。キリストの教えに基づき、生涯変わらない愛を誓う。親族だけでなく友人など列席者を多く出来る事が人気理由。本来、チャペルは教会や学校などの礼拝堂の事で、神が選んだ二人の結びつきを祝うもので、カトリックとプロテスタントの宗派を持つ。カトリックの場合、原則的に信者である事が条件だか、プロテスタントの場合は信者でなくても式を上げる事が出来る。現在は、ホテルや結婚式場にウェディングチャペルが併設されることが多く、殆どのカップルはそれを利用する。

神前式 >挙式編>スタイル

神前式の結婚式も日本人としては候補にあげてみたいもの。神前で三三九度の杯を交わし、結婚を誓うスタイルを指す。式に参列できるのはほとんどの場合親族のみとなっている。先祖の神々に結婚を報告するというもので、明治時代に始まったといわれている。著名な神社では、雅楽や入り舞が入ることもあり、日本古来の奥床しさも味わえる。

人前式 >挙式編>スタイル

両親・親戚・友人などのゲストに立会人になってもらい、立会人に結婚の誓いをして、承認してもらうもの。特定の宗教にも、場所、進行、誓いの言葉など、全てに決まりが無く、自由に設計できる個性的な結婚式を挙げる事で、最近、人気を集めている。全てが自由なだけに、プラン作りも自分たちで行わなければならない事や、厳粛な雰囲気に欠ける事もあるので、年配の方が参列する場合は注意が必要。

仏前式 >挙式編>スタイル

仏前式とはどういったものであるか。仏教の教えに基づき、仏の前で来世まで連れ添う夫婦であることを誓って、祖先に感謝する挙式スタイルのことを言う。先祖代々の菩提寺や自宅の仏前に僧侶を招いて行うのが一般的。ホテル・式場では仏前挙式用の挙式場を設けているところは少なく、最近では珍しい挙式例となってしまっている。

チャペル式(教会式)

結婚講座 >挙式編>チャペル式(教会式)

結婚講座を受けないとキリスト教式は挙げられない。キリスト教信者以外でキリスト教式を希望する場合、結婚講座を受けることが挙式の条件となる。まずはキリスト教の基礎知識から教わり、キリスト教における結婚観や夫婦のあり方などを学ぶ、いわば勉強会のようなもの。講座の数は1~10回ぐらいまでと教会によって異なる。中には3ヵ月程度の礼拝を義務づけられているところもある。事前に教会へ確認しておくと良い。

献金 >挙式編>チャペル式(教会式)

一般的に教会での挙式料の事を指す。事業として挙式を行っていない場合は、・施設使用料・装飾代などの実費と、牧師(神父)・演奏者・聖歌隊への謝礼を含めた結婚式代を寄付という形で支払いをする。寄付なので金額は気持ち次第ではあるが、事前に目安を教会に相談しておくとよい。

司祭 >挙式編>チャペル式(教会式)

キリスト教における聖職者の事で、カトリックの場合の神父、プロテスタントでは、牧師を指す。カトリックの神父の場合は、男性のみが司祭職に就く事が出来る。プロテスタントでは、万人祭司の教理を以ていて、牧師は指導者となる。

神父 >挙式編>チャペル式(教会式)

カトリック教徒における司祭のこと。男性のみが司祭職に就く事が出来る。日本では、結婚式を執り行う司式者を全般的に指すが、カトリックのみが神父という。結婚式も事前に講座礼拝に参加する必要があるなど、厳しい戒律があり、儀式を重んじる傾向がある。

牧師 >挙式編>チャペル式(教会式)

プロテスタント教徒における司祭のこと。ホテルや結婚式場、独立型のチャペルの結婚式を執り行う司式者は牧師を指す。また、海外での挙式のほとんどはプロテスタントなので牧師が執り行う。イエスキリストが自分の事を羊使いの牧者にたとえた事が由来である。

結婚証明書 >挙式編>チャペル式(教会式)

結婚証明書とは新郎新婦がサインする結婚の証明書のことをという。日本国において、法的な効力は無い。二人だけの秘密にとっておくと良いでしょう。文房具屋さんなどのショップでも、多彩なデザインの結婚証明書をみかけることがある。

式次第 >挙式編>チャペル式(教会式)

結婚式の進行を書き記したプログラムのようなもの。結婚式の会場で用意され、列席者全員に配られる。式次第は結婚式のスタイルによって違い、キリスト教式の場合は、式で歌われる聖歌や賛美歌などの歌詞が書かれていて、列席者も新郎新婦に歌を贈る。人前式の場合は、手作りするなど思考を凝らしたものが用意されている。

誓約書 >挙式編>チャペル式(教会式)

新郎・新婦が宣誓に間違いが無いという証拠にサインする書類のこと。キリスト教式で用いられることが多いが、法的な効力は無い。人前式では、婚姻届にサインする場合もある。

バージンロード >挙式編>チャペル式(教会式)

キリスト教式の結婚式の時に、花嫁がチャペルの入口から祭壇へ向かうまでの通路のこと。汚れない純粋な花嫁の象徴で、二人が神の前で導かれて結ばれるという意味を持つ。通常、花嫁が父親と腕を組んでバージンロードを進み、祭壇の近くで新郎に引き渡して、二人の第一歩を見送る。実は、日本で使われている和製英語なので海外挙式では通用しない言葉である。花嫁は純粋な処女であるべきという考えられていた事から呼ばれるようになった。

アッシャー >挙式編>チャペル式(教会式)

キリスト教式(チャペル式)で式の案内をゲストにしたり、会場の世話をする役のこと。披露宴では新郎の横に立つ付添人のこと。1人~10人程度の男性で、新郎新婦の未婚の兄弟や従兄弟、友人などが務める。挙式後は、新郎新婦に続いてブライズメイドのエスコートをして退場する。

ブライズメイド >挙式編>チャペル式(教会式)

結婚式の時に、花嫁の身の回りの世話をする立会人のこと。揃いの衣装を着たりして、花嫁の側に立って華を添える役割もする。新婦と仲の良い独身女性が3~4人で務め、アッシャーと人数を合わせることが一般的。海外では演出として良く見られる。

リングピロー >挙式編>チャペル式(教会式)

結婚式で指輪交換をする際に使われる、結婚指輪を置く小さなクッションのこと。もっとも一般的なものは、フリルやリボンの装飾のあるサテン生地で作られたクッション。新婦の手作りや友人からプレゼントされる事もある。最近では、手作り用のキットや、ぬいぐるみやプリザーブドフラワーを使用したものなど、新郎新婦の好みに合わせて選べるようになっている。結婚式当日は、新郎が入場した後にリングボーイがもって登場するというのが欧米では一般的なスタイル。指輪が落ちないようにリボンなどで止めるような工夫がされたり、安全面を考えてダミーを付けたりする。指輪交換の際は、リングピローからお互いに取って行う。また、赤ちゃんが産まれたら、最初の枕に使うと健康に成長するという言い伝えもある。リングクッションとも言う。

ブライダルチャーチ >挙式編>チャペル式(教会式)

結婚式専用の教会のこと。パーティー会場が併設した独立型のチャペルで、リゾートウェディングに多く見られる。衣装や写真撮影の手配はもちろん、披露パーティーと併せて利用するのが一般的。結婚講座も、挙式前か当日に1回程度行われる。最近は、パイプオルガンやステンドグラスなどアンティークな雰囲気で格式ある施設を復元したものが増え、人気を集めている。

神前式

三献の儀(さんこんのぎ) >挙式編>神前式

神前挙式の儀式のうちの一つ。本来は献杯の礼を指し、出陣・帰陣・祝言などの時に行う。まず、両手で杯を受け、打ちアワビ・勝ち栗・昆布を肴に酒を三口で飲み干すのが習わしになっている。

三三九度(さんさんくど) >挙式編>神前式

神前挙式の儀式のひとつ。正式な名称は「三献の儀」または「誓杯の儀」。大中小の盃で新郎新婦が御神酒を酌み交わし、神への誓い、両親・親族への感謝、今後お世話になる人へのお披露目という3つの意味をもつ。巫女がついだ御神酒の盃を、1、2度と口をつけ、3度目に飲み干す(お酒が飲めない人は飲むまねだけで構わない)。

参進の儀(さんしんのぎ) >挙式編>神前式

参進の儀(さんしんのぎ)とは、神前挙式の儀式のうちのひとつを言う。最近でも某有名芸能人が取り行っていた。内容は、雅楽の調べが聞こえる中、巫女や神職を先導にして神殿まで進んで行き、参列者の足並みと気持ちを一つにする神聖な儀式。古式ゆかしい荘厳な雰囲気の中での本格神前式が人気となっている。

親族杯の儀(しんぞくさかずきのぎ) >挙式編>神前式

親族固めの杯ともいい、両家の家族が親族となったという誓いの杯を交わす神前挙式の儀式の一つ。両家の上座から列席者全員に、巫女が御神酒を注いで回り、全員に注がれたら祭主の合図で起立して三口で飲み干す。

誓詞(せいし) >挙式編>神前式

誓詞(せいし)とは、夫婦の守るべき道が記された誓いの言葉で新郎新婦の連名で綴られている。式場に定型文が用意されていて、現代語で書かれていることが多い。希望があれば、自分たちの言葉に変更することも可能。誓詞奏上(せいしそうじょう)とは、神前式の儀式の一つで誓詞を神前で読み上げることで結婚を誓う。一般的に新郎が読み、新婦は自分の名前を読み加える。

玉串 >挙式編>神前式

神前のお供え物の一つで、榊の小枝に紙垂(しで)という紙を取りつけたもののこと。榊は神の繁栄、紙垂は神の衣を意味し、神前にお供えする事によって神と人を繋ぎ、恭順の心を表す。

玉串奉奠(たまぐしほうでん) >挙式編>神前式

玉串を神前にお供えする拝礼の儀式のことをいう。
(1)神職・巫女から玉串を渡される。右手で玉串の根本を上から持ち、左手は葉の方を支えるようして右手より高くして持つ。
(2)軽く一礼して神前に用意されている案(机)の前に進み出る
(3)玉串を根本が神の方に向くように時計回りで反回転させてお供えする。
(4)二例、二拍手、一礼で拝礼して元の席に戻る。
(5)新郎新婦の後に媒酌人も同様に奉奠する。

初穂料(はつほりょう) >挙式編>神前式

「神様に奉納する金銭」のことで、結婚式場に支払う挙式料の代わり。「玉串料」とも呼ばれる。誓詞や神主・巫女への謝礼・使用料などが含まれており5~15万円程度が一般的。神様に豊作を感謝する時に初穂を備えたことが由来とされる。

人前式

立会人 >挙式編>人前式

一般的に承認する第三者のことをいう。人前式の場合は、結婚の承認する人のことをいう。列席者全員が立会人となり、新郎新婦の結婚を拍手や鈴を鳴らすなど、いろいろな方法で承認する。

貝合わせの儀 >挙式編>人前式

江戸時代より最も重要な意味を持つ婚礼調度のものとして新婦側から新郎側に貝桶を引き渡す「貝桶渡し」の儀式が始まり。 蛤(はまぐり)の貝殻は決して他の貝殻と一対に合うことがないことから「夫婦が添い遂げる縁起物」とされた。 人前式では、新郎新婦がそれぞれ片方の貝殻を持ち、二人で合わせて八角形の貝桶に納めて、巻物に書かれた誓いの言葉を述べ、貝殻と同じ貝桶に納め、永遠の誓いの証として蓋を閉め、朱色の紐で結ぶことで二人の誓いが結ばれたとする。

水合わせの儀 >挙式編>人前式

両家母親が朝一番で、新郎新婦の実家の水を汲んできて、一つの盃に合わせ、その水を飲む古来からの儀式。水を環境に見立てて、別々の水で育った新郎新婦がそれぞれの違う家風を乗り越えて一つになり、新しい家庭(水・環境)を二人で築いていけるようにとの願いを込めたもの。新婦が嫁ぎ先の家庭に馴染む(=水が合う)・実家に戻らない・幸せで健康な家庭を築くという意味もある。最近は、ワインや地酒を注いだり、グラスをタワーにしてセレモニーとして行われることもある。

海外挙式

リーガルウエディング >挙式編>海外挙式

その国の法律に従って挙式をするもの。現地の台帳に記載されて、法的にも効力を持つことができる結婚証明書が発行される。日本でも結婚証明書の和訳と婚姻届と一緒に提出すれば、戸籍上に「○○にて婚姻」などが載せられ、両国で婚姻の記録が残る。婚姻届を提出する前に挙式する事が必要で、手続きも複雑なことから、手配会社などに事前にきちんと確認することが必要。

ブレッシングウエディング >挙式編>海外挙式

キリスト教式の挙式で、戸籍上夫婦となってから行うものをいう。海外のリゾート地や正式な教会では戸籍上の手続きが完了していることが挙式の条件となっているところが多い。ブレッシングは「神様の祝福」を意味し、二人に祝福を与える挙式スタイル。法的な効力はないが、事前に日本で入籍して婚姻受理証明書の発行が必要になる。

その他

シビルウエディング >挙式編>その他

第一に法律上の婚姻の成立を考えて行われる挙式スタイルのこと。事前に婚姻届を提出し、「婚姻届受理証明書」の交付を受けて、結婚式当日に二人が法律上夫婦になったことを宣言するもの。婚姻手続きはウェディングミニスター(全日本ブライダル協会認定 有資格者)が行い、宗派に関係なく、場所・挙式スタイルを選ばないことが欧米で人気を集めている。最近では日本でも人前式を中心に人気を集めているセレモニー。

アトリウムチャペル >挙式編>その他

会場(ホテルなど)のロビーや吹抜けのある広い空間、アトリウムに設置された祭壇スペースを、チャペルに見立てて行う挙式のこと。開放感のある挙式、また偶然会場前を通りかかった人を含め、たくさんの人に見守られながら祝福されるのが特徴。 アトリウムウエディングともいう。