全国の結婚式・結婚式場クチコミ満載の情報サイト

結婚準備ガイドブライダル用語集 > 結婚披露宴 サイトマップ

結婚披露宴・・・新郎新婦が結婚の報告をして、親族のほか知人・友人などを招いて催す宴会

スタイル

ゲストハウスウエディング >披露宴編>スタイル

ヨーロッパ貴族の多くはマナーハウスと呼ばれる、屋敷や邸宅を改築したプチホテルのようなものを持っている。これを欧米ではゲストハウスと呼び、そこで行われす挙式を総称してゲストハウスウエディングと呼ぶ。最近ではゲストハウス風ウエディング施設も増え、人気の一途をたどっている。

ハウスウエディング >披露宴編>スタイル

一軒家や戸建レストランなどの会場を貸し切る事が出来るウエディングスタイル。1日に1組限定の会場が多く、特別なその日は新郎新婦の為の会場となり他の結婚式と被る事はない。自分の家にゲストを招いているようなアットホームな雰囲気なのが魅力だ。新郎新婦がこだわっている物を演出として飾ったりする事も出来るので個性的なウエディングが挙げらること間違いなし!!

ガーデンウエディング >披露宴編>スタイル

挙式、または披露宴まで屋外で行うウエディングのこと。もっとも最適な季節は春~初夏が多く、真夏や冬は屋外の為向かない。真夏のガーデンウエディングなら日射病などならないよう、時間帯や日除けなどの配慮が必要。またガーデンで過ごす時間が多いようなパーティーなら、裾が床から3~5cm程短いドレスがオススメ。快活なイメージを持たれガーデンウエディングには最適。

ナイトウエディング >披露宴編>スタイル

ナイトウエディングは、夕暮れ時からスタートするウエディングのこと。夜のウエディングの為、人気の式場なども比較的予約が取りやすい。また夜からのウエディングならゲストが結婚式の為に一日を潰す事がない。ゲストへの配慮も自然に出来て一石二鳥!!夕暮れ時から夜にかけて徐々に暗くなっていく美しい空を見上げながらキャンドルで演出をすれば会場の雰囲気はそれだけで十分と言えそう。ライトアップされたチャペルで挙式を挙げると、昼間のウエディングとは一味違う、ロマンティックで幻想的な雰囲気になる。

1.5次会(いってんごじかい)パーティ >披露宴編>スタイル

披露宴と2次会の中間にあたるパーティーのこと。披露宴まできっちりする豪華なパーティーではなく、2次回のようにくだけすぎてもいない両方の良さを生かした、少しカジュアルなパーティー。1.5次会の多くは会費制。友人を中心としたレストラン形式が主流だ。海外挙式をして帰国後に日本でパーティーを行う際に1.5次会と呼ばれる事が多い。

2部制披露宴・2部制パーティ >披露宴編>スタイル

一日に2回同じ会場を使い披露宴を行うこと。例えば昼には親族を中心とした披露宴を行い、夕方から友人を集めての披露宴を行うなど。2部目の披露宴の雰囲気は2次会のようなカジュアルなパーティーにすることも。親族、友人のゲスト層に合わせて料理や演出・余興を変えることができるメリットがある。同じ会場を使いまわすことで披露宴の予算を抑えることもできる。

会費制パーティ >披露宴編>スタイル

1人あたりの金額を決めて(1万・2万円程度)、その会費で行う披露宴のことを言う。ゲストに御祝儀の負担が少ないため、堅苦しくない挙式を挙げたい人にはオススメ。また、結婚式費用の計算がしやすいのもメリットのひとつ。

帰国後パーティ >披露宴編>スタイル

最近では芸能人でなくとも一般の方で、海外で挙式を行う人が増えている。帰国後に結婚報告を行うのがこのパーティーである。海外での挙式は親族と特に親しい友人など限られた人しか参加できない為、挙式の後日にこういった報告パーティーを行う人が増えている。レストランなどのプチウエディング会場で行われるケースが多い。

着席ビュッフェスタイルパーティ >披露宴編>スタイル

ビュッフェとは、料理はビュッフェ台にまとめて載せられており、自分で料理を取りに行く立食スタイルのこと。たいていの料理は大皿に盛り合わせてある。壁際に椅子などが用意されており、立食だけでなく椅子に座って食べることができる場合が多い。

ビュッフェスタイルパーティ >披露宴編>スタイル

ビュッフェとは、様々な料理が台に載せられており、その料理は大皿に盛り付けてあって自分で料理を取りに行く立食スタイルのこと。立食と言っても壁際に椅子などが用意されている場合が多く、椅子に座って食べることができる。またその椅子を荷物置き場にすることも可能。このビュッフェスタイルは2次会でよく使われる。

料理・飲物

デザートビュッフェ >披露宴編>料理・飲物

メインディッシュまでは着席でお料理を楽しみ、デザートだけがバイキング形式のパーティースタイル。ゲストが会場を自由に動き回れるので会話も弾み楽しい雰囲気にもなる。自分の好きなデザートを選べるし、好きなだけ食べられるので女性には特に人気だ。

ウェルカムドリンク >披露宴編>料理・飲物

挙式や披露宴が始まるまでの待ち時間に控え室でゲストをもてなすためにふるまわれる飲物のこと。軽いアルコール類などやソフトドリンクが一般的。一緒に軽食の用意がある場合も。料金は披露宴でのドリンク代に含まれる事が殆どだが確認しておくと安心。

フリードリンク >披露宴編>料理・飲物

披露宴やパーティーで出る飲み物が飲み放題になるシステムのこと。飲み放題になる飲み物の種類はある程度決められている。一般的にビールやワイン、ウイスキー、ソフトドリンクなど。会場によって異なってくる。飲み放題はいくら飲んでも料金が同じというシステムだが飲み放題ではない対象外の注文は別料金として追加良料金が発生する。またあまりお酒を飲まない場合は割高になる。お酒を飲むか飲まないかゲストの顔ぶれを考えドリンクの内容を確認する必要がある。

特別料理 >披露宴編>料理・飲物

特定の人向けの料理のこと。通常コース料理の一部を変更したりアレンジしたり、別の料理に差し替えたりできる場合がある。アレルギーがあるゲストや年配者などの為に特別料理を用意する事が多い。ただし、作って貰えるか否かは相談が必要になる。

お子様料理 >披露宴編>料理・飲物

子供向けの料理のこと。大人と同じコース料理は無理と思われる小さな子供向けにアレンジされた料理。料金は平均で3,000~5,000円程度。ゲストに子供がいるときは、年齢や好き嫌いなども含め料理をどうしたらいいかを親に事前に聞いた上で注文すると喜ばれる。

料理のグレードアップ >披露宴編>料理・飲物

元々のコース料理内のメニューを一部または全部グレードをアップすること。したがって、見た目だけではなく素材などさらに高級感を増すことになり、ゴージャスな料理を希望する場合はこれを利用するほうが良い。しかしその分価格も上がるので、注意が必要。

セレモニーケーキ >披露宴編>料理・飲物

ウエディングケーキ入刀のセレモニー用に作られたケーキ。ケーキカットする部分だけが生ケーキで、他はイミテーションの作り物になっている。食べることはできない。背が高く豪華な見栄えで写真映りがよく、大きなバンケットホールに向いている。最近は生ケーキの流行で利用は減ってきている。

生ケーキ >披露宴編>料理・飲物

全てを食べることが出来る生のウエディングケーキ。ケーキ入刀が行われた後、会場のスタッフにより切り分けられたケーキを新郎新婦がゲストにデザートとして振舞う場合や、また会場スタッフがゲストに配る場合などケーキの振る舞い方は様々だが、新郎新婦がケーキをゲストに振る舞う方が人気だ。キャンドルサービスの代わりにもする新郎新婦も多い。

クロカンブッシュ >披露宴編>料理・飲物

クロカンブッシュ(croquembouche)とは、シューを飴でコーディングして積み上げた独特な形をしている。フランス語で「キャベツ」を意味しているシュー。子孫繁栄と豊作を願った伝統的なフランスのウエディングケーキ。

シュガーケーキ >披露宴編>料理・飲物

ドライフルーツをたっぷり使って固く焼いたケーキを砂糖でコーティングし三段重ねにしたケーキ。ウエディングケーキ発祥のイギリスの伝統的なケーキ。砂糖でコーティングしてある為日持ちがよい。三段重ねで、それぞれ食べる時に決まりがある。三段の内、一番下段は招待客にふるまい、中段は欠席者に後日郵送、上段は子供ができるまでとっておく。

引出物・引菓子

引出物 >披露宴編>引出物・引菓子

披露宴終了後、記念品として引菓子と共にお持ち帰り頂くギフト。引出物に引菓子を含めて一般的には2~3品。また好きな物を選べるカタログギフトも人気。金額は引出物・引菓子合わせて3,000~5,000円程度が多い。夫婦への引き出物は合わせて一組でOK。

引菓子 >披露宴編>引出物・引菓子

引出物に添えて渡すお菓子のギフト。洋菓子でも和菓子でもOK。パウンドケーキやバームクーヘン、紅茶やジャムのセット等、日持ちするものが良い。相場は1000~1800円。

プチギフト >披露宴編>引出物・引菓子

新郎新婦がパーティーに来ていただいた感謝の気持ちを込めてゲスト一人一人に渡すプレゼント。このプレゼントはちょっとしたお礼の気持ちを伝えられるものが良い。引出物、引菓子とは別に手渡しで贈られる。

名披露目(なびろめ) >披露宴編>引出物・引菓子

名披露目【なびろめ】一般的には商店開店時や芸人の襲名時などで世間に知らせるお披露目のこと。結婚用語としては東海地方で夫婦の名前を書いた熨斗(のし)の引き出物のこと。

カタログ式ギフト >披露宴編>引出物・引菓子

昔は「引き出物は大きい方が良い」、と言われ、鍋や毛布などが定番の時代もあった。しかし、現在の引き出物は、来賓者がご自身の好みで選べるギフトのカタログが主流。かさばらないメリットが特徴。最近のカタログはバラエティに富んできている。

ドラジェ >披露宴編>引出物・引菓子

白・ピンク・黄色・青などでコーディングされているアーモンドのお菓子。フランス語で「幸福の種」。このお菓子は幸せのおすそわけ、ということで結婚式などで広く用いられている。また、アーモンドはたくさんの実をつけることから子孫繁栄の意味もある。

保管料(持込料) >披露宴編>引出物・引菓子

衣裳持ち込みの場合にかかる管理手数料。引出物や引菓子は、品物を管理するためということで保管料がかかることが多い。料金は1品300円または1名分500円が相場。なお、持ち込み自体禁止している会場もあるので、事前に確認して。最近はこれを嫌うカップルが多いことから、取らない所も増えてきた。

写真・ビデオ

記念写真 >披露宴編>写真・ビデオ

結婚式当日、式場内の写真を撮る為のスタジオで両家の家族・親族などと撮る集合写真、新郎新婦二人だけで撮る写真が一般的。最近はスタジオだけではなく、式場内のベストポイントで撮影をすることもある。

前撮り >披露宴編>写真・ビデオ

前撮りとは、結婚式当日の挙式スナップとは違い、事前に新郎新婦の希望のシチュエーションで撮影をすること。前撮りにすることでメイクやドレスを変えることができ、リハーサルなどにもなる。また、最近では屋外へ出て自然の中で写真撮影などバラエティに富んできている。

スナップ写真 >披露宴編>写真・ビデオ

スナップ写真とは挙式や結婚披露宴などのあらゆるシーンをスチルカメラまたはデジタルカメラなどで撮影した写真。外部や会場のカメラマンに頼んだり、友人に頼んむ場合がほとんど。結婚式場の中には撮影禁止の挙式もある場合があるので要チェック。

四ツ切り >披露宴編>写真・ビデオ

写真の出来上がりサイズのこと。253×305mm。で写真の印画紙を4つに分けたサイズなので「四つ切り(よつぎり)」と呼ばれている。だいたい紙のB4サイズの少し小さめなサイズ、と覚えておくと便利。

六ツ切り >披露宴編>写真・ビデオ

写真の出来上がりサイズのこと。203mm×254mm。写真の印画紙を6つに分けたサイズなので「六つ切り(むつぎり)」と呼ばれている。だいたい紙のB5サイズと同じくらい、と覚えておくと便利。

焼き増し >披露宴編>写真・ビデオ

撮影した写真を後日追加でプリントすること。個人的に撮影した写真と違って、結婚式場などを撮影したプロのカメラマンが持っているネガはもらう事が出来ないので、焼き増しは高額になることが多い。最近ではデータ化が進みCDにデータを入れてもらえる事が多い。

ビデオ撮影 >披露宴編>写真・ビデオ

挙式から披露宴までの結婚式の流れをビデオで撮影してもらうこと。専門のプロに頼むと映画のような演出になったりするので後で別の角度からも楽しめる。

ペーパーアイテム

招待状 >披露宴編>ペーパーアイテム

結婚式に招くためにゲストに事前に送る案内状のこと。ゲストに送る招待状は、披露宴の日時や場所などの基本情報から、会場までの地図や交通手段、駐車場の情報なども同封。また遠方からのゲストの為に宿泊施設の情報も必要に。出欠確認の返信はがきは必ず切手を貼り同封する。招待状は披露宴の招待状で、挙式は専用の案内付箋で別途案内をするのが正式。

席札 >披露宴編>ペーパーアイテム

披露宴会場にゲストが到着し、自分の席がすぐに分かるようにテーブルの各席に置く、ゲストの名前を書いた名札のこと。席札は「○○様」と名前だけ記す。肉親には様を付けないのが一般的。座札に拘り一人一人にメッセージを入れたり手作りをする新郎新婦も増えている。グラスやワインボトルを置いて席札として利用し、そのグラスやボトルは披露宴後ゲストに持ち帰って貰う演出などもある。

席次表 >披露宴編>ペーパーアイテム

披露宴会場で、ゲストの名前・席位置を記した印刷物のこと。披露宴の受付で渡される。会場のテーブルレイアウトを図表化して分かりやすくゲストを列記。ゲストの名前と共に二人との間柄や、企業名・部署・役職などを入れる。役職を持っていない場合は企業名・部署のみ。ゲストには基本「○○様」を使いお子様には「○○ちゃん、○○くん」を使うのが一般的。

プロフィール帳 >披露宴編>ペーパーアイテム

結婚式の新郎新婦のプロフィール紹介をしているオリジナルもの。披露宴の席次表と兼ねたり、招待客とのエピソードを盛り込んだりと、高いオリジナリティがあり、最近では外注ではなく自作する人も多い。

メニューカード >披露宴編>ペーパーアイテム

披露宴の時に振る舞われる料理の内容を書いたカードのこと。基本的にテーブルごと、一人一人の席に置かれる。このカードは会場で用意されている事が多い。

サンクスカード >披露宴編>ペーパーアイテム

簡潔にいえば、結婚報告カード。結婚式当日、披露宴や2次会などで配るカード。当日のお礼や新居・名前などが記してある。受付や席で配ることが多い。

筆耕料(ひっこうりょう) >披露宴編>ペーパーアイテム

筆耕料【ひっこうりょう】と読み「代筆料」の意味。一般的には結婚式の招待状の毛筆での宛名書きで利用することが多い。他には席次表や案内状などがある。

演出

フラワーシャワー >披露宴編>演出

フラワーシャワーとは、結婚式を終えた二人が会場から出る際に、来場者が祝福をして花びらをまくこと。「新郎新婦に永遠の幸せを」の意味がある。最近ではフラワーシャワーのほかにバブル(シャボン玉)の代用も珍しくない。

ライスシャワー >披露宴編>演出

ライスシャワーとは、結婚式を終えた二人が会場から出る際に、来場者が祝福をして米をまくこと。「新郎新婦に永遠の幸せを」の意味がある。最近では、汚れるとのことから、禁止している式場もあるようだ。

バブルシャワー >披露宴編>演出

バブルシャワーは最近結婚式や披露宴で注目されている。結婚式の入退場やキャンドルサービスなどでシャボン玉で演出すると、汚れがないと式場サイドからも好評のようである。

バルーンリリース >披露宴編>演出

バルーンリリースとは風船とばしの演出のこと。挙式後、外に出て新郎新婦のほか親族、招待客など全員で参加して、一斉に大空へ風船を飛ばすと思い出に残る演出として人気が高まっている。

リングボーイ >披露宴編>演出

リングボーイとは、キリスト教系挙式で新郎がバージンロードより入場後、結婚指輪を持って入場してもらう男の子のこと。リングボーイもフラワーガール同様4歳から10歳くらいまでの男の子にやってもらうとよい。

ページボーイ >披露宴編>演出

ページボーイとはまたの名をバイブルボーイと呼び、キリスト教式の結婚式で使う聖書(バイブル)を祭壇まで運ぶ男の子のこと。一般的に10歳以下の男の子が多い。教会式だけではなく人前式など新郎新婦が結婚するときに宣誓するときに聖書を運んでもらうと良い思い出になる。

フラワーガール >披露宴編>演出

フラワーガールとは、キリスト教系結婚式の際の入場時、バージンロードを清めるために女の子が花かごから花びらを撒きながら入場し、そのあとに新婦が父親と共に入場する。親族やご友人の中から4歳くらいから10歳くらいの女の子に可愛いドレスでフラワーガールをしてもらうと一層の演出になる。

ブーケ伝説のセレモニー >披露宴編>演出

ブーケ伝説とは演出のひとつで、新郎が披露宴出席者から一輪の花をもらいながら入場し、その花をひとつのブーケにして、後新婦が入場して新郎からブーケを受取り、ブーケの中から一輪を新郎の胸に挿すという演出(儀式)。新郎からブーケを貰う時に再度プロポーズをしてもらい、新婦からYESの返事をする。

ブーケトス >披露宴編>演出

ブーケトスとは、挙式終了後、花嫁が後ろを向いて、未婚の女性招待客へブーケを投げる演出のこと。ブーケを受け取った招待客の女性は次の花嫁になれると言われてる欧米の習慣。最近はミニブーケを用意して独身女性全員に贈るということをしているようである。

ガータートス >披露宴編>演出

ガータートスとは、ブーケトスの男性版演出。花婿が花嫁のガーターベルトをはずし、後ろ向きで未婚の男性招待客に投げる演出。ガーターを取った男性は次に結婚できるというもの。

サムシングフォー >披露宴編>演出

サムシングフォーとは、ヨーロッパの慣習でマザーグースのうたなどで語り継がれている。「サムシング・ニュー:新しいもの」「サムシング・オールド:古いもの」「サムシング・ボロウ:借りたもの」「サムシング・ブルー:青いもの」の4つのサムシングを花嫁が身につけると、生涯幸福な結婚生活が送られるという言い伝え。

ラッキー6ペンス >披露宴編>演出

ラッキー6ペンスとは、ヨーロッパの古くから伝わる「幸福と金運」のおまじない。フライダルシーンでは白いパンプスの中に花嫁が6ペンスコインを誰にも言わないでいれておくと幸せな結婚生活が送れるという。現在は6ペンスコインは流通されていないので、購入方法は確認する必要がある。

シークレットシュガー >披露宴編>演出

シークレットシュガーとは、花嫁が左の手袋の薬指に誰にも気がつかれないよう砂糖菓子入れておき、そのまま式を終えることができると、新婚生活が甘いものになるというおまじない。

生演奏 >披露宴編>演出

生演奏とは、挙式や披露宴などでの新郎新婦の入退場で奏でる音楽演出のこと。挙式中の賛美歌や聖歌の伴奏をその場で行う場合もあり、BGMや余興に生演奏を取り入れることもある。使用料が掛かる場合あがあるので式場へ事前に確認が必要。

弦楽四重奏 >披露宴編>演出

弦楽四重奏とは、結婚式を盛り上げる音楽の演出。主に第1ヴァイオリン・第2ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの4本によって構成されている。生の演奏で盛り上がる演出のひとつ。

ゲストブック >披露宴編>演出

ゲストブックとは、結婚式や披露宴に出席いただいた招待客のリストで芳名帳のこと。通常、受付に置いて招待客に名前や住所を書いてもらう。

ウェルカムドール >披露宴編>演出

ウェルカムドールとは、結婚式当日、招待客をお出迎えする対の人形やぬいぐるみのこと。通常は受付に置いたり、ウェルカムボードに添えたりする。場を和ませる演出でもある。

ケーキ入刀 >披露宴編>演出

ケーキ入刀とは、新郎新婦がウエディングケーキにナイフを入れる。「二人の幸せを参列していただく皆様にもお分けする」の意味で幸せの象徴ウェディングケーキをカットして配る演出。

ファーストバイト >披露宴編>演出

ファーストバイトとは、ウエディングケーキ入刀の後、新郎新婦がケーキを互いに食べさせあって愛情をアピールする演出のこと。別名としては「ファーストイーティング」「ケーキシェアリング」

鏡開き(かがみびらき) >披露宴編>演出

鏡開きとは、新郎新婦が日本酒の入った樽を、小槌で叩いて開けるという演出のこと。この鏡開きは、新郎新婦を祝福する気持ちと、これからの幸せや健康の成就を祝う気持ちがこめられている。鏡開きの樽の日本酒は招待客へ振舞われる。

シャンパントースト >披露宴編>演出

シャンパントーストとは、欧米に伝わる演出の一つで新郎新婦がシャンパンで乾杯(トースト)すること。最近では新郎新婦が腕を交差させ自分のシャンパンを飲み干すという演出もある。

ケーキデコレーション >披露宴編>演出

ケーキデコレーションとは、実際のウエディングケーキを招待客にデコレーションしてもらうという演出。未完成のウエディングケーキを用意し、披露宴の開始する前や中座時などの時間を使い、手で飾り付けをしてもらうという演出。

ブーケプルズ >披露宴編>演出

ブーケプルズとは、会場のブーケに数本のリボンを付けて、それを未婚の女性招待客に引っ張ってもらう演出のこと。そのリボンは1本だけがブーケに繋がっており、引き当てた女性は次の花嫁になれるという演出でブーケトスの代わり行われることがある。

リボンプルズ >披露宴編>演出

リボンプルズとは、用意したリボンの先に当たりを付けておき、招待客に引いてもらう演出のこと。ブーケプルズは、未婚の女性対象だが、リボンプルズは対象が幅広く盛り上がる余興となる。

キャンドルサービス >披露宴編>演出

結婚式の定番の演出と言える。新郎新婦が一緒に各テーブルを回り、火の点いたトーチで、卓上のキャンドルに火を点していくセレモニーである。お色直し後の再入場の際によく行われる昔からの定番の演出でもある。キャンドルサービスの時に、新郎新婦の二人はテーブルごとに挨拶をして回り、ゲストと写真撮影などを撮ったりして触れ合うことができる。最後にはメインテーブルサイドの大きなキャンドル点灯する。最近では、このメインキャンドルに凝る人も増えている。

ワインサービス >披露宴編>演出

結婚式の演出の一つで、新郎新婦がそれぞれのテーブルを回ってゲストにワインを注ぐサービスのことをいう。ワインサービスは、お色直し後の新郎新婦再入場のときに行われることが多く、その際、ワインを注ぐだけでなくゲストと一緒に記念撮影をしたり、ゲストとの会話を楽しんだりすることができる。少人数での披露宴の場合や、カジュアルなパーティ、レストラン ウエディングなどに適した演出。ワインサービスと似たような演出に、新郎がビールタンクを背負い、ゲストにビールを注いで回るというビールサーブという演出もある。

ケーキサーブ >披露宴編>演出

新郎新婦が切り分けたケーキをゲストに振る舞うこと。ウエディングケーキを入刀した後に行われ、デザートビュッフェとして使われる事も多い。一般的に、スタッフが人数分のカットを済ませ、新郎新婦がケーキを振る舞うか、ゲストに新郎新婦のもとへケーキを取りに来てもらうなど。配る際にゲストとコミュニケーションが取れるし、ゲストも席を立って自由に動ける良い機会になる。

ルミファンタジア >披露宴編>演出

主にシャンパンタワーの代わりに化学反応を利用した幻想的な演出の一つ。ルミファンタジアはゲストテーブルに置かれたりする。ある透明な液体に違う種類の液体を混ぜるとブルーに光り輝く綺麗な演出が出来る。ルミファンタジアは会場によって呼び方が変わる。

シャンパンピラミッド(シャンパンタワー) >披露宴編>演出

ピラミッド状にシャンパングラスを積みあげ、一番上のグラスにシャンパンを注ぎ、下まで流れ落ちる様子を見せる演出のこと。シャンパンタワーとも言われる。そこが浅く飲み口が広いクープ型のシャンパングラスが使用される。新郎新婦がシャンパンをそそぎ、注がれたシャンパンはゲストにも振る舞われる。このシャンパンピラミッドを光るようにすればグラスが輝いて見え一層美しさが増す。

バルーン装飾 >披露宴編>演出

会場を風船で飾りつける装飾のこと。形や色は様々で自分なりのアレンジをして会場を華やかに。アーチを作るのも人気の一つ。また小さい色とりどりのバルーンで可愛らしく会場を演出をするのも◎。カジュアルなパーティによく似合う。また、飾ったバルーンをバルーンリリースに使うことも可能。バルーンデコレーション、バルーンアートともいう。

装花 >披露宴編>演出

挙式会場・披露宴会場を華やかに飾る花の総称。新郎新婦が座るメインテーブルやゲストのテーブルなどに飾ったり、ウエディングケーキを飾る花などを指す。飾り方によって会場の雰囲気を演出する重要なアイテムと言える。

司会者 >披露宴編>演出

司会者とは、披露宴の司会を進行する人のことをいう。パーティーを進める大切な役割を持った人である。司会者によって盛り上がりも変わって来る重要な任務と言える。その為新郎新婦のプロフィールやゲストの情報など、事前に綿密に司会者と打ち合わせしておくと良い。プロの司会者に依頼する場合は、複数回の打ち合わせが必要になると追加料金を取られる場合もあるので注意が必要。友達に司会を依頼すると一生の思い出になる結婚式がより思い出深くなるのでは?ただし会場によっては専属の司会者が決まっている場合もあるので事前に確認が必要。

スピーチ >披露宴編>演出

お祝いの言葉をゲストから頂くこと。お祝いの言葉を頂く一般的なタイミングとしては披露宴の前半には両家の主賓にお祝いの言葉を頂く。お色直しの後や、歓談をしてから友人代表に述べてもらうことが多い。人数の調整は両家それぞれ同じ人数になるようにする。またカジュアルな披露宴などでは、リレースピーチや突撃ゲストインタビューにする新郎新婦もいる。スピーチを依頼したゲストには、どんな内容で何分くらいお願いしたいのかを事前に伝えておくとスムーズにいく。招待状を発送する際にスピーチを正式に依頼する方には付箋を同封する方が良い。

音響照明料 >披露宴編>演出

披露宴会場で使う音響や照明設備を使用して掛かった料金のことをいう。マイクの利用や、入場時やお色直し事、両親への手紙を読む時などにBGMを流す時にもかかる費用。音響料と言う場合もある。金額の目安は約2万円前後だが、新郎新婦の演出方法によっては追加料金が必要になることもあるので事前に確認が必要。主に余興時に使うカラオケの使用料など。余興によってはピアノなどの楽器、またはプロジェクターを使って演出をする際にも別途費用がかかることが多い。また、新郎新婦の好きな曲を用意する際は、音響設備は何かを確認しておいた方が安心だ。会場の音響設備により、使えるものが限られる場合がある。

その他

宴席代 >披露宴編>その他

ホテル・結婚式場などの会場を披露宴会場として使う時に発生する費用のこと。「場所代」や「会場費」とも呼ばれる。また席料とも呼ばれる時がある。この席料はある程度計算が出来、一般的には結婚式場やホテルでは、新郎新婦の分も含む、招待客一人に付き300~500円を人数分で掛けて計算をする場合と、一部屋単位で「時間貸し」といった一時間ごとで料金が発生する場合がある。子供も席が必要となれば子供も大人と同額かかる。披露宴が予定よりも長引いてしまうと延長料金が発生する。
宴席料には税金が別途必要になる。サービス税が一般的に10%、消費税5%が掛かる。このサービス料の対象となるものは料理や飲み物を運んでもらう費用、宴席料、控室料など。式場によって内容が違うので確認をしておくと良い。

会場使用料・控室料 >披露宴編>その他

会場使用料は、結婚式場やホテルなどの宴会場(バンケット)を使用する時に発生する費用のこと。「会場費」や「場所代」を指す。宴席料、または席料とも呼ばれる場合もある。披露宴を行う為に貸し切る会場費の計算方法はある程度出来る。一部屋単位で計算する方法なら1時間の使用で会場使用料を計算。更に招待客一人当たりの人数で計算する方法。人数で計算する場合、新郎新婦も人数に含まれることが多い。また子供料金も大人と同じ料金で計算され安くなるということはない。この会場使用料は披露宴が盛り上がってしまい長引いてしまった場合は延長料金が加算されることがほとんど。また、会場使用料は別途サービス税が掛かる。このサービス税は一般的に10%である。会場によって違いがあるので、どれだけのサービス税がかかるのか事前に確認しておいた方が安心。

サービス料 >披露宴編>その他

ホテルや結婚式場でサービスを受けた際にに発生する費用。披露宴での料飲食や宴席料、控室料を使った際などの様々なサービスを受けた費用を支払う。サービス料は一般的に料金の10%かかる。

キャプテン >披露宴編>その他

式当日、花嫁を全面的にサポートする人。結婚式当時緊張している花嫁の為に精神的な面も含め色々サポートしてくれる。ドレスや着物などの着なれていない衣装は乱れるもの。そんな乱れなどはすぐに直してくれます。介添人は衣装の乱れだけではなく、移動のする際やお茶を飲む時などにもお手伝いをしてくれ心強い存在です。

介添人 >披露宴編>その他

式当日、花嫁を全面的にサポートする人。精神的な面も含めて頼れるので、困ったことは遠慮なくお願いして。介添料はこの介添人に対しての費用。当日には、お世話になる感謝の気持ちとして3000円~1万円の心づけを、懐紙やポチ袋に入れて渡して。

主賓席 >披露宴編>その他

上司や恩師などが座るゲストの席のこと。テーブルレイアウトで言えば新郎新婦のいるテーブルから一番近い中央の場所に位置する。披露宴会場の上席と言える。