全国の結婚式・結婚式場クチコミ満載の情報サイト

ログイン 新規会員登録
結婚準備ガイドブライダル用語集 > ドレス サイトマップ

ドレス・・・結婚式や披露宴で花嫁が着用するもので、純粋さを表すために白を基調としている

入手方法

レンタル >ドレス編>入手方法

貸衣裳のことで婚礼衣裳の調達方法としてはもっとも一般的。ホテル・結婚式場が提携する衣裳室で借りる方法と、街のレンタルドレスショップで借りる方法があり、専属の衣裳室以外から借り入れる場合は、持込み料や保管料などが別途で発生するので注意する。

オーダーレンタル >ドレス編>入手方法

サイズやデザイン・生地に至るまで自分の要望に合ったドレスをオーダーメイドで作り、挙式後ドレスを衣裳室へ返却するシステムのことをいう。手元にドレスは残らないが、誰も袖を通していない新品で自分の体型に合ったドレスを着ることが出来るので、人気が高い。料金は一般のレンタルドレスよりもやや割高だが、フルオーダーよりも安い価格でイメージ通りのドレスを作ることが出来る。

セルドレス >ドレス編>入手方法

プレタポルテとも呼ばれるドレスは、買い取りする既製品のドレスのことをいう。販売されているドレスだか、多少のサイズ直しは対応してくれる。中国製や韓国製のリーズナブルな輸入ドレスを扱うお店もあり、レンタルと変わらない価格で購入出来る。海外挙式でドレスを日本から持参する人や、帰国後の披露パーティーや2次会でドレスを何度か着用する人、結婚式と披露宴を別の日に行う人などは、その都度レンタルするよりもお得。ベールやパニエなど着用に必要な小物がついていない場合があるので、確認が必要。使用後のドレスは、下取りしてくれるサービスがあるお店や、真空パックしてくれるサービスの他に、ベビードレスやドールドレスへリメイクする人も多い。

サイズオーダー >ドレス編>入手方法

あらかじめ用意されている数種類のデザインの中から好みに合ったドレスを選び、自分のサイズに合わせてドレスを作るシステム。

セミオーダー >ドレス編>入手方法

基本となるデザインの中から自分の好み近いものを選び、パーツを加えたり素材を変えたりして、セミオリジナルのドレスを作ることが出来る。プレタクチュールとも呼ばれ、注文から完成まで3~4ヶ月かかる。サイズオーダーよりもデザインや生地にこだわりがある人におすすめ。

フルオーダー >ドレス編>入手方法

採寸・デザイン画の作成・生地選び・仮縫い・本縫いなどすべての工程を自分のこだわりや要望に添って決定することが出来るシステム。オートクチュールとも呼ばれ、高級で特注の仕立て服であることを指している。個性的なデザインも実現出来るが、完成までには半年ほど時間がかかるため、早めに注文する必要がある。ハンドメイドで行うことも多いため、価格も高めだが、世界に1つだけのドレスを作ることが出来る。

スカートデザイン

トレーン >ドレス編>スカートデザイン

トレーンとは、ウエディングドレスの後ろに長く引きずったスカートの引き裾の部分のことをいう。この裾が長ければ長いほど、身分が高いとされており、宮廷では身分によって、トレーンの長さが決められていた。扱いにくいトレーンを上手く捌いてこそエレガントな女性であるとされた。長いロングトレーンはエレガントな雰囲気があり、短いトレーンは、カジュアルでキュートな印象を与える。デザインによっては、トレーンの長さを変えられたり、取り外しができる2WAYタイプもあるので、挙式と披露宴で使い分けることが出来る。または、バッスルという腰当てを入れてボリュームを出すことによって、トレーンの長さを短くすることも可能。トレーン(train)はトレインと同じ綴りで、「列車、列、連続に」の意味を持っており、後ろに引きずるものという事に由来している。フランス語では、「服の脚」という意味のバ・トゥ・ローブや、「しっぽ」という意味のケ、と呼ばれる。

バッスルスタイル >ドレス編>スカートデザイン

ヒップラインを誇張するバッスルという腰当てを用いて、腰上部を膨らませたラインのドレスのこと。ワイヤーなどの芯に布を張り、紐やベルトなどで固定したものを使い、後ろに大きく弧を描くシルエットを作り出す。フランス語では、キュ・ド・パリ、またはトゥルニュールといい、17世紀~19世紀後半に流行したスタイル。ウエストを細く見せる効果があり、女性らしい曲線を出すことで、優雅な印象を与える。長いトレーンをたくし上げるのにも用いられる。

ティアードドレス >ドレス編>スカートデザイン

ティアードは、「段々に積んだ、重なった」という意味で、横方向の切り替えを何段も重ね、フリルやギャザーで飾ったでサインのこと。

オーバースカート >ドレス編>スカートデザイン

オーバースカートとは、ドレスやドレスのスカート部分の上にさらに重ねて着用するスカートのこと。また、二重に重ねたスカートの外側のものを指す。ヨーロッパのルネッサンス時代には、女性は何枚ものスカートを着用していたことから由来している。下に着るドレスと素材や丈の長さを変えることによって、ボリュームやシルエットを変化させ2WAYドレスとして楽しむこともでる。着替えの時間が短縮できるので、お色直しにも使える。

シルエット

Aライン >ドレス編>シルエット

アルファベットのAのようにバスト下やウエストから直線的に広がったスタイリッシュなラインのこと。ギャザーやタックが入らず、すっきりしたデザインで清楚で上品な雰囲気がある。ボリュームがあるものからスレンダーなものまでバリエーションがあり、パニエで調節することも出来る。

プリンセスライン >ドレス編>シルエット

上半身はウエストまでフィットし、ウエストからギャザーやフレアーでふんわり広がったお姫様スタイルのドレスラインのこと。パニエでボリューム調節もできる。スカートが広がることでウエストが細く見え、可愛らしい印象を与える。下半身がカバーされるので、身長が低い人や、ぽっちゃり体型が気になる人におすすめ。結婚式で着用されるドレスのほとんどが、このプリンセスラインかAラインというほど人気が高い。ヘッドドレスはクラウンが似合う。英国国王エドワード7世妃のアレクサンドラが好んで着用していた為、その名前で呼ばれるようになった。

マーメイドライン >ドレス編>シルエット

マーメイドとは人魚のシルエットのように体にぴったりしたラインで、膝下から尾びれのように広がったスタイルのこと。

スレンダーライン >ドレス編>シルエット

身体の線に沿った全体的に細身のドレスラインのこと。デザインもシンプルで大人っぽいものが多い。ボディラインが出やすいので背の高い人やスリムな人におすすめ。

ベルライン >ドレス編>シルエット

ベル(鐘)のようにウエストを絞って腰回りを膨らませたラインのこと。プリンセスラインよりボリュームは小さめでベル&ドームラインと呼ばれることもある。

アンピールライン >ドレス編>シルエット

バストのすぐ下にスカート部分との切り替えがあり、裾に向かって落ちるようなラインのドレスのこと。ゴージャスさというより、柔らかな印象が特長。ボディラインがはっきり出ないので、体型を気にする人や小柄な人に適している。アンピールとはフランス語で、英語ではエンパイアという。エンパイアとは皇帝の意味で、ナポレオンの王妃ジョセフィーヌが好んで着用したことからその名前がついた。

2WAY・3WAYドレス >ドレス編>シルエット

1着のドレスで、2通りや3通りの着こなしやアレンジ楽しめるドレスのこと。袖を取り外し出来たり、リボンやコサージュ、ボレロやオーバースカートを付けることによって、印象を変えることが出来ます。挙式と披露宴で変化をつけたり、お色直しとしてイメージチェンジすることができる。

アンサンブルドレス >ドレス編>シルエット

同じ生地で作ったドレスとボレロなどセットに組み合わさっているドレスのこと。アンサンブルとはフランス語で、「共に、一緒に」という意味から由来している。コートとドレスの組み合わせやジャケットとドレスの組み合わせなどがある。

ネックライン

オフショルダー >ドレス編>ネックライン

両肩が出るくらい大きく空いたデザインのこと。顔周りがすっきりして見え鎖骨が出るので華奢な印象を与える。

スクエアネック >ドレス編>ネックライン

首の付け根からスクエア型(四角)に切り取ったようなネックラインのこと。襟開きの大小に関わらず、四角になっているラインをスクエアネックと呼ぶ。丸顔の人もシャープな印象になり、デコルテも美しく見える。

ハイネック >ドレス編>ネックライン

首に沿って高くなった襟のデザインのこと。露出が少なく、首を長く見せる効果もある。

ビスチェ >ドレス編>ネックライン

ビスチェとは、「吊り紐なしの下着」という意味のフランス語で、肩紐が付いていない上着にスカートを組み合わせたドレスのこと。体にフィットしたデザインが特長で、デコルテが広く露出するので、アクセサリーなどが映えて、アームラインを長く細く見せる効果がある。肌の露出を気にする人も多いが、ボレロがセットになったものや、ストールを羽織ることもできる。すっきりした印象なので、比較的どんな人にも似合いやすく、人気が高い。

ホルターネック >ドレス編>ネックライン

前身頃から続く布地、またはストラップや紐を首の後に回し、結ぶデザインのことをいう。袖がなく、デコルテラインや胸元がタタイトな印象になるのが特長。背中のラインが広く開いたシルエットが女性らしい美しさを強調する。ノースリーブとは異なり、ストラップが支えになるので、ドレスがズレ落ちる心配がない。

ボートネック >ドレス編>ネックライン

緩やかな曲線で、両肩に向かって横に広く開いた襟ぐりのことをいう。船底の形のように、前後に浅くくられているのが特長で、鎖骨に沿ってカーブを描く襟の形が、まさにボートのような形をしていることから、その名前が付けられた。首回りの露出が少なく、代表的なものに、「バスクシャツ」と呼ばれる船乗り達が愛用していたボーダーのロングスリーブTシャツがある。

ラウンドネック >ドレス編>ネックライン

首の付け根に沿って、丸く開いた襟元のことをいう。女性らしく優しい印象を与え、開き方も、浅いものから深いものまで様々。ドレスから普段着まで幅広く用いられるデザインで、正しくはラウンド・ネックラインと呼ぶ。スクエアネックやホルターネックに比べて、程よい開きで両肩の露出も少ないので、幅広い人から、支持される。開き具合によっては、小顔効果や首を長く見せる効果も期待できる。

スリーブライン

長袖・七分袖・半袖 >ドレス編>スリーブライン

袖のあるドレスは、クラシックで清楚な印象を与える。神聖な教会などに適しており、露出を控えたい人に人気がある。袖のデザインも、透け感のある素材などは軽やかなイメージになる。

バルーンスリーブ >ドレス編>スリーブライン

袖の付け根にギャザーやタックを寄せることで、風船のように丸く膨らんだデザインの袖のこと。袖が大きくなることで、二の腕がカバーされ、顔や首回りが小さく見える効果がある。女性らしく可愛い印象があり、フェミニンなドレスやワンピースなどに多く用いられている。

ブレスレットスリーブ >ドレス編>スリーブライン

手首の上辺りまで長さがある袖で、長袖の肘下から手首までがフレアになっている袖のことで、手首のブレスレットをはめる部分が露出することからブレスレットスリーブと呼ばれる。腕にぴったりとしたデザインが主流で、清楚な雰囲気やクラシックなデザインが好みの人におすすめ。

パフスリーブ >ドレス編>スリーブライン

パフスリーブの「パフ」は膨らんだという意味で、袖山や袖口をギャザーで絞って膨らませた袖のこと。日本では「ちょうちん袖」とも呼ばれており、二の腕が気になる人におすすめのデザイン。長袖のパフスリーブはメロンスリーブや、ビショップスリーブとも呼ばれる。

マンダリンスリーブ >ドレス編>スリーブライン

肩から肘までは、腕のラインに沿っていて、肘から袖口までは緩やかに広がった袖のこと。大人っぽく優雅な印象があり、マンダリンとは中国の官服に由来していることから、マンダリンスリーブと呼ばれるが、当時の官服と現代のマンダリンスリーブは異なり、当時の官服は袖全体がゆったり広いデザインだった。現在、ドレスなどに用いられるマンダリンスリーブは、オーガンジーやシフォンなどの軽やかな素材を使用することが多く、デザインも豊富。

アメリカンスリーブ >ドレス編>スリーブライン

見頃から首までをハイネックの布やレースが覆い、両肩は開いたデザインのドレスのこと。ホルターネックとは違い、紐やストラップより面積の広い布が使われれおり、後ろにも同様の見頃が付いている点が特長。デコルテは隠れるが、肩が出るので、すっきりした印象で、腕のラインを美しく見せてくれる。布でしっかり支えるので、なで肩でも安定感があり、肩幅がある人に向いている。

フレンチスリーブ >ドレス編>スリーブライン

肩の露出が多く、身頃と袖の切り替えがない袖のこと。ドレスにより長さはそれぞれ異なるが日本では特に短いものを指す場合が多い。欧米ではキモノスリーブと呼ばれていますが、袖が着物に似ていることからそのように呼ばれるようです。

素材

オーガンジー >ドレス編>素材

スカートの下に装着する女性下着用のペチコート、ブラウスやスカーフなど素材でも使われるオーガンジー。平織りで薄く、手をかざすと透けてみえる生地となっており、夏場やドレスなどで使用されることが多いです。オーガンジーでも、ポリエステルを使用したものやシルクを使用したものなど、様々な素材が存在します。
薄い素材ですが、弾力性やボリューム感があるため、1枚でもゴージャスな雰囲気を出すことが可能。また、重ねて複数を使用することもあります。

サテン >ドレス編>素材

手触りがソフトで柔らかい素材のサテン。ポリエステルやシルクなどの素材を使用していることが多い。ウエディングドレスにもよく使用されており、美しく格調高い雰囲気を引き出すことができます。
ウエディングドレス以外にも、高級コートの裏地にも用いられており密度が高くボリューム感があるため、ブライダルではよく使用される素材です。サテンの欠点としては生地の強度が弱いため、擦れやすく糸抜けしやすい。

シフォン >ドレス編>素材

シフォンは、透明感があり軽くてやわらかい素材の一つ。元々は絹をメインに使用していましたが、近年ではシルクテイストの化繊を用いた類似のシフォンが主流です。フランス語の意味では「ぼろ布」・「雑巾」ですが服飾用語としては、軽くて柔らかい織物、またはそれを使った衣類の装飾のこととなります。
ウエディングドレスによく使用されますが、帽子や肩かけなどの装飾からスカーフやブラウスなどでも見かける素材。

ジャガード >ドレス編>素材

初期の織機開発で有名なフランス人発明家のジョゼフ・マリー・ジャカールさんの織物を使用して製作された素材のこと。代表的な使用方法としてはネクタイで使用されることが多い。
ジャガードの機械式織機は、当時では珍しい、紙に穴をあけて、たて糸に上下開口の命令を送るというコンピューターと同様の原理を持つ機械。コンピューターを作る基となったものです。素材は横に幅の広いうねがあり、模様のように見えます。

シルクタフタ >ドレス編>素材

しわの折れ方や独特のニュアンスと高級感が備わっているシルクタフタ。ハリのあるパリッとした素材であるため通常使いでは、薄手のコートやジャケット、ワンピースなどで使用される事も多い。ウエディングドレスではレースとの相性は抜群です。Aラインドレスなど、身体のラインをしっかり出したいドレスに使用されます。

シルクシャンタン >ドレス編>素材

ウエディングドレス以外にもスーツやブラウス、シャツから、バック等の小物にも使用される非常に使用頻度が高い素材の一つ。玉糸や絹紡糸を用いた平織物でクラシックでモダンなイメージがありますが、フレアをたっぷりとれば優雅なドレープ感も生まれ生地を厚く見せることも可能です。

シルクジョーゼット >ドレス編>素材

フランスの婦人服商のジョーゼット・ド・プラント夫人から名前を付けた素材で、しっとりとした垂れ感がありエレガントな雰囲気を出すことができます。ウエディングドレスでは主にベールやショールなどに使用されます。

レース

リバーレース >ドレス編>レース

大まかに分けて4種類あるレースのうちの一つ。
リバー編み機で編まれたレースとなっており、縦糸をねじり合わせ自由に模様を作り出した高級レースです。イギリスの鍛冶工ジョン・リバー氏によって発明されたレースですが、ウエディングドレスや高級インナーなどに使用されます。
日本では生産がされておらず、世界的にもリバー編み機の台数が限られているため輸入中心で作られています。

チュールレース >ドレス編>レース

ナイロンなどの化学繊維の糸を組み合わせて織られた細かい網目状の生地(チュール)に刺繍を施したもの。軽やかで伸縮性のある素材感が特徴で、ベールやドレスの装飾によく使われる。

カットレース >ドレス編>レース

刺繍を施した布地からモチーフ部分のみを切り抜いたレースのこと。立体感のある透かし模様が繊細ながらも華やかな印象を与え、ウエディングドレスではデコルテラインやスカートの袖口・裾といったあらゆる部分に用いられる。

エンブロイダリーレース >ドレス編>レース

専用の大型エンブロイダリー刺繍機によって製造されるレースのこと。表糸と裏糸によるデザイン性の高い豪華な刺繍加工を施すことができる。複数の糸を切り替えて刺繍するカラーチェンジレースやキリを用いた穿孔加工が特徴のボーラーレースなど種類も多い。

コード刺繍 >ドレス編>レース

生地の上にコード状のものを縫い付けた装飾のこと。意匠糸やリボン、細長い布などを用いる。ウエディングドレスにおいては止め糸が目立たないように掬い縫いで縫い付ける。細かい手作業が必要なため高級な加工のひとつで、立体的な模様を描くことにより華やかな印象になる。

リボンレース >ドレス編>レース

コードレースの一種で、リボンを用いて布地に刺繍を施したレースのこと。

ケミカルレース >ドレス編>レース

化学処理を用いて製造加工された立体感のある機械レースのこと。エンブロイダリーレースの一種で、刺繍を施した布を溶かして作ることから科学的を意味するケミカルの名前がついた。モチーフごとにカットすることが可能なため、ワンポイントとしても用いられる。

ヘッドドレス

ティアラ >ドレス編>ヘッドドレス

豪華でプリンセスのような印象を与えるヘッドドレスのこと。王冠に似ているが完全に輪になっていないものが一般的。様々なサイズがあり、ウェディングドレスやカラードレスだけでなく、最近では和装にも用いられる。

クラウン >ドレス編>ヘッドドレス

王冠の形のヘッドドレスのこと。日本のウエディングにおいては小さめのものが好まれる。サイズは控えめでも存在感があり、プリンセスラインやAラインのようなボリュームのあるドレスにも合う。

生花(ヘッドドレス) >ドレス編>ヘッドドレス

生花を使ったヘッドドレスはブーケと合わせて用意するのが一般的。生花は大きさや種類だけでなく、付ける位置によっても印象が大きく変わる。ティアラのように頭頂部に並べたり、リース状にアレンジされた生花のヘッドドレスを載せたりといったアレンジも人気。

ボンネ >ドレス編>ヘッドドレス

ボンネットとも呼ばれる、幅広で厚みのあるカチューシャのようなヘッドドレス。布張りのものが一般的で、ビーズやパール、リボンなどでアレンジされたものもある。大人っぽい印象のドレスによく合う。

カチューシャ >ドレス編>ヘッドドレス

ウエディング用のカチューシャは素材の光沢感や装飾で品格ある印象を与える。ウィッグを使用する際に自然に地毛となじませる役割もある。生花やベールと組み合わせるとより華やかになる。

ラリエット >ドレス編>ヘッドドレス

長いネックレス状のヘッドドレス。ヘアピンを使って付ける。留め具がないため頭に巻いたり髪に編み込んだりといった様々なアレンジが可能。ビーズやパールがあしらわれているものが人気で、気に入っているネックレスをラリエットとして利用することもできる。

小物

ベール >ドレス編>小物

主にチュール生地で作られたベールは、花嫁は夫となる人以外に顔を見せないという意味と魔よけの意味とがある。ベールはドレスのトレーンよりも長いのが正式とされているが、現在ではドレスや好みに合わせて選ぶ花嫁が増えている。聖母マリアのようなマリアベールや、カジュアルでかわいらしい印象のショートベールも人気。

グローブ >ドレス編>小物

ウエディングドレスまたはカラードレス用の手袋のこと。指輪交換の際に外す。短いグローブはカジュアルでかわいらしい雰囲気があり、長くなるほど大人っぽくシックな印象を与える。光沢のあるサテン素材のものや、透け感があり軽い素材のオーガンジーのものなど種類も様々。カラードレスの際にはつけなくても良い。

ドレス用バッグ >ドレス編>小物

披露宴の際に持つ、花嫁のハンカチなどの小物を入れる小さなバッグのこと。ドレスに合わせて色や素材を選ぶ。ガーデンウエディングの際には便利だが、持たない場合も多い。

マフ >ドレス編>小物

寒い時期に手を温めるための服飾小物。筒状になっており、両端から手を差し込む。絹や毛皮製のものが多い。元は厳寒地での防寒用として用いられているもの。

その他

持込料(保管料) >ドレス編>その他

持込料(保管料)とは、結婚式場や披露宴会場と提携するドレスショップなどで気に入ったものがない場合などに、自分で探して手配したものを持ち込む際にかかる料金のこと。持込料がまったくかからない式場もあれば、持ち込み自体が禁止という式場もあるので事前に確認が必要。

お支度料 >ドレス編>その他

当日に花嫁の身支度を整えてもらうための料金。和装洋装を問わない。パッケージ料金の中に含まれていることもあり、別料金の場合には一般的に約5万円から。

お引き上げ料 >ドレス編>その他

お引き上げとはお支度の反対語で、挙式や披露宴の終了後に花嫁を元通りに戻すことを言う。お引き上げ料とは衣裳から私服に着替え、ヘアメイクを落とす際にかかる料金のこと。

パニエ >ドレス編>その他

スカート部分のボリュームを足すためにドレスの下に穿くもの。厚手のチュールなどを重ねて作られており、ドレスのラインに合ったものが選ばれる。ドレスのレンタル料金にはパニエの分も含まれており、プリンセスラインやAラインのドレスには欠かせない。

ブライダルインナー >ドレス編>その他

ウエディングドレスの下に着用する補整下着のこと。体のラインをより美しく見せるためには重要となる。色は白かベージュを選ぶのが一般的で、専門店での購入以外にレンタルやオーダーメイドという方法もある。

スリーインワン >ドレス編>その他

ブライダルインナーの一種で、多機能下着のこと。胸から脇・腹部、腰部までを補整する役割があり、ブラジャー・コルセット・ガードルの3つの機能を1つで補うためこう呼ばれる。バストアップとウエストの引き締め効果がある。取り外し可能なガーターベルトも付いている。

ヘアメイクリハーサル >ドレス編>その他

担当美容スタッフと結婚式当日のヘアメイクを前もって試してみて決めること。好みの髪型の資料や着用するドレスの写真などを持参し、なりたいイメージを伝えることが重要。結婚式より1ヶ月ほど前が望ましい。

出張メイク >ドレス編>その他

式場専属や提携の美容スタッフではなく、自分が手配した美容師やヘアメイクに式場に来てもらってヘアメイクを行うこと。持ち込み料がかかることもある。式場によっては出張メイク用の部屋を別に用意しないといけない場合もあるので確認が必要。

アシンメトリー >ドレス編>その他

アシンメトリーとは左右非対称のことを指す。ワンショルダーのドレスやコサージュ、ヘアアレンジなどでアシンメトリーにすることで個性的でおしゃれな印象になる。

シンメトリー >ドレス編>その他

シンメトリーとは左右対称のことを指す。バランスがとれており安定感があるため、幅広い年代に好感を持たれるデザイン。

仮縫い >ドレス編>その他

ドレスを作る際の本縫いの前の過程のこと。オーダーメイドのドレスを作る際はまず仮の生地をしつけ糸で縫い合わせたサンプルを試着する。そこで体型に合わせた細かい補整やデザインの調整を行う。次に実際のドレスの生地を仮縫いし試着して補正の確認をすることを本仮縫いという。