全国の結婚式・結婚式場クチコミ満載の情報サイト

ログイン 新規会員登録
結婚準備ガイドブライダル用語集 > 和装 サイトマップ

和装・・・日本ならではの婚礼衣装。神前式・披露宴で着ることが多い

種類

白無垢(しろむく) >和装編>種類

神前挙式(神社での挙式。神前式とも呼ばれる)の際に花嫁が着る白い衣裳を指す。打掛や打掛の下に着る掛下、帯や履物等の小物まで全てを白で揃え、文金高島田に結い上げた髪を綿帽子または角隠しで覆う。白一色には神聖な儀式や身の清らかさ、これからどんな色にでも染まるという意味が込められている。披露宴で色打掛に掛け替えることで「嫁ぎ先の家風に従順に染まる」という意味合いを持つ。婚礼衣裳としての白無垢の歴史は古く、室町時代には小花で象られた菱形の幾何学的文様である幸菱文様(さいわいびしもんよう)の白打掛が礼道として確立された。古来より日本では太陽を表す神聖な色として白が貴ばれており、神聖な儀式の際に身につけるものとされていたことにも由来する。江戸後期になると白一色だけでなく内掛けの裏や小物に紅梅色を用いてめでたさを表す風習も生まれた。また綿帽子や角隠しは平安時代に上流の婦人が外出の際に小袖を頭から被って顔を隠していたことを起源とする。

色打掛(いろうちかけ) >和装編>種類

和装の正装である打掛は室町時代の上流の武家の婦人が礼服として用いており、江戸時代に入ると裕福な商人や町人の間でも着られるようになった。本来は秋から春にかけての衣裳であり打掛小袖とも言われる。打掛の下に着る着物よりも長く、帯をしないために歩くときには褄(つま)を掻い取る必要があることから掻取(かいどり)とも呼ばれる。華やかな色使いと豪華な文様が特徴の色打掛は以前は白無垢よりも格が低い装いとされていたが、現在では正装として用いられる。色打掛は自問の入った色地に色鮮やかな刺繍を施したものや、白地に金糸・銀糸による刺繍や箔を用いて吉祥文様を現したものなどがある。鶴亀や松竹梅、御所車といっためでたい文様が多いが、現代では薔薇やハートといった洋風のモチーフを取り入れたものも人気がある。

引き振袖 >和装編>種類

「お引きずり」「お引き」「本振袖」「大振袖」ともいわれ、長い裾を引きずることからこう呼ばれる。一般の振袖よりもさらに裾が長い。黒地に華やかな文様を施した黒引き振袖は江戸時代の後期から明治・昭和にかけて正式な婚礼衣裳とされ、現代でも人気が高い。

和小物

和装小物 >和装編>和小物

和装に必要な小物は懐剣・筥迫・末広などがあり、婚礼衣裳には欠かせないものとなっている。懐剣(かいけん)とは白い布袋に入れた短剣で、自分の身は自分で守るという意味が込められている。筥迫(はこせこ)は房のついた装飾品で胸元の袷(あわせ)部分に差し込む。元は小物入れとして使われていた。末広(すえひろ)はおめでたい末広がりを表す金銀の扇子のこと。和装小物の使い方で全体のイメージが大きく変わることもあるためしっかり選びたい。貸衣装店からレンタルする場合には衣裳のレンタル料とは別になっている場合もあるため注意が必要となる。振袖など自前の衣裳を婚礼に使いたい場合には小物だけでもレンタルすると良い。

抱帯(かかえおび) >和装編>和小物

正式な和装の補助具のひとつである抱帯とは、着物の帯の下部に添って腰の位置に結ぶ細い帯のことを指す。色鮮やかな錦や縮緬を用いた6cm幅、長さ2m70cmほどの平ぐけ帯で、左後方で蝶々結びにする。江戸時代初期に脚さばきをよくするために用いられたことを起源とする。江戸の中期になると振袖の普及から着物の裾が長くなり、外出の際に手で裾を持ち上げる必要がないように抱帯が用いられるようになった。明治時代に入り腰紐によるお端折り(おはしょり)をするようになってからは抱帯は和装の装飾のひとつとされた。

はこせこ(筥迫) >和装編>和小物

婚礼衣裳における筥迫(はこせこ)とは、内掛や振袖を着る際に用いられる装飾品を指す。「箱迫」「函迫」とも書く。元は江戸時代に女性が懐中していた小物入れで、懐紙や鏡、お守りなどを入れていた。近世以後の帯の発達により衿の合わせ目に物を入れて携帯するようになり、武家の女性が内掛を身にまとう際には身だしなみのために必ず持つものとされていた。次第に実用的な意味では使われなくなり、婚礼衣裳としては装飾品としての形式的なものとして定着している。

懐剣(かいけん) >和装編>和小物

懐剣とは打掛を着る際に懐=帯に差す短剣のことを言う。武家の婚礼衣裳として内掛が用いられていた江戸時代、武家に生まれた女性は日頃より護身用として短刀を携帯しており、さらに嫁ぐ際には嫁入り道具として薙刀や短刀を用いるのがたしなみとされていた。元は実用品としての懐剣だったが、婚礼の際には螺鈿や金蒔絵といった豪奢なものが誂えられるようになった。白の組み紐がついた懐剣袋に入っているものが多い。明治以降には魔除けのお守りとして用いられ、花嫁を災厄から守り、家庭円満・無病息災を願うものとして浸透している。

末広(扇子) >和装編>和小物

打掛を着る際に花嫁が持つ扇子で、今後の末広がりの幸福を表す。武士が帯刀を許されなかった場所で刀の代わりとして用いたという説もある。房がついていて表が金色、裏が銀色になっており、白骨のものが一般的だが黒骨のものもある。歩くときなどには帯に挿し、手に持つ場合は右手に持ち左手を下から軽く添える。

掛下(かけした) >和装編>和小物

打掛の下に着る振袖を掛下という。お端折りを取らず、裾を引いて着付ける。一般的なのは白の掛下で、白打掛から色打掛まで同じ掛下で合わせることができる。白以外にも様々な色柄があり、色打掛に合わせて色鮮やかな掛下を選ぶこともできる。ただ披露宴のお色直しで掛下から着替える場合には時間がかなりかかってしまうため注意が必要となる。

紙ばさみ(紙入れ) >和装編>和小物

打掛の胸元にポイントとして挿す。元々は懐紙入れとして使われていたが婚礼衣裳の装飾品のひとつとなった。紙ばさみを使わず代わりに筥迫を用いる場合もあり、紙ばさみのほうが厚みがないぶん胸元がすっきりした印象になる。

簪(かんざし) >和装編>和小物

和装の際に結った髪に挿して使う飾りのこと。長い棒状に飾りがついており、飾りと逆側の先端は耳かきのように曲がっている。白無垢のときは鼈甲(べっこう)のかんざし、色内掛のときには真珠や珊瑚など華やかな装飾を施したものがよく使われている。平打ち・玉かんざし・花かんざしなどがあり、好みや内掛の模様との組み合わせによって多くの種類から選ぶことができる。4本もしくは6本で一組。

ヘア

かつら合わせ >和装編>ヘア

挙式や前撮りの日よりも前に和装用かつらを実際に試しにつけてみることをかつら合わせという。メイクも含めてヘアメイクリハーサルとして行われることも。かつらにはいくつかサイズがあり、それぞれ微調整することができる。自分の頭に合わせたサイズを選び、顔立ちと合うように鬢(びん)や髷(まげ)を調整する。そのため本番の1~2週間前に行っておくのが一般的。かつら合わせの後にヘアカットなどで髪のボリュームが変わると見た目に影響することもあるため注意が必要。

笄(こうがい) >和装編>ヘア

和装の際に髪に挿す飾りを笄(こうがい)という。細長く、両端もしく片端が長方形になっている。結った髪がかゆいときに掻く「髪掻」から笄が生まれた。乱れた髪を整えるための道具として使われていたが、近世以後は装飾品としても用いられるようになった。婚礼では白無垢に気品あるべっこう製のもの、色内掛には色鮮やかな珊瑚などで華やかに細工されたものが映える。べっこうは鼈甲亀(タイマイ)の甲羅で作られており、「亀は万年」と言われるとおりに末永く栄えるように、という願いが込められている。

綿帽子(わたぼうし) >和装編>ヘア

白無垢を着る際に頭にかぶる袷(あわせ)仕立ての白い布のことを言う。文金高島田を結った頭の上からやや深めにかぶる。絹製が一般的だが、現在では軽く少し透け感のあるオーガンジー素材の綿帽子も人気がある。ウェディングドレスにおけるベールと同じ役割であり、「式が滞りなく済むまでは花嫁の顔を新郎以外に見せない」という風習から婚礼に取り入れられた。色打掛には用いない。

角隠し >和装編>ヘア

角隠しとは、文金高島田に高く結った花嫁の髪の上から頭を覆うようにかぶる帯状の白い布を指す。素材は袷仕立ての白絹を使うのが一般的。「角隠し」という名前の由来は諸説あり、白い布に角を収めることでおとなしく従順な妻となることを示すというもの、嫉妬に狂って鬼になることを防ぐためのまじないとするものなどが有名。

文金高島田(ぶんきんたかしまだ) >和装編>ヘア

文金高島田(ぶんきんたかしまだ)とは、和装の花嫁の代表的な日本髪のこと。白無垢や打掛の際に結われる。綿帽子または角隠しを用いる場合に文金高島田にするとバランスよく仕上がる。江戸時代には300種類もの髪型があり、根元を高く仕立てた島田髷の一種である高島田は最高の格式のものとされていた。特に根が高いものは上流武家の女性に結われており、正式な儀式の場などにも用いられた。その中でも文金高島田は上品で最も根が高く現在まで花嫁の髪型として定着している。結う場合にはかなりの長さが必要となり、現在ではサイズも豊富な専用のかつらをレンタルする花嫁がほとんど。かつらを使うとその後のヘアアレンジも比較的容易になるため、洋髪での色打掛やドレスへのお色直しの場合にも便利。