全国の結婚式・結婚式場クチコミ満載の情報サイト

ログイン 新規会員登録
結婚準備ガイド文例集 > 結婚式の謝辞 サイトマップ



謝辞は、招待状の差出人が述べるのが一般的。一昔前は、新郎の父親が行うというのが通例でしたが、最近では新郎が行うことも多々あります。誰が行うかは両家でじっくり相談しましょう。地域の慣習なども考慮し、検討するようにしましょう。

謝辞には、列席者へのお礼、媒酌人へのお礼、祝福へのお礼、今後の抱負、結びの言葉などを盛り込んで構成する必要があります。それらをきちんと入れた上で、そこに心情やお願いなどを加えて、オリジナリティのある謝辞へと作成していきます。親が挨拶する場合と、新郎が挨拶する場合とでは、構成が少し違うので気をつけましょう。

両親が謝辞を述べる場合の構成
①自己紹介
②列席者へのお礼の言葉
③媒酌人へのお礼の言葉
④祝福へのお礼の言葉
⑤親としての心情
⑥今後の新郎新婦へ支援のお願い
⑦結びの言葉
新郎が謝辞を述べる場合の構成
①列席者へのお礼の言葉
②媒酌人へのお礼の言葉
③祝福へのお礼の言葉
④現在の心情
⑤今後の指導のお願い
⑥結びの言葉

2~3時間はある結婚式の締めなので、長すぎる謝辞は列席者に好まれません。花嫁の手紙より少し短めの2分以内に話せる量でまとめるようにしましょう。一般的に話せる文字数は1分間に350文字程度と言われているので、500字程度に収まるのが理想的です。

原稿というのは、文字の上では問題がなくても、口に出してみると言いにくい場合があります。原稿を作成したら必ず声に出して読みましょう。読みにくいところがないかチェックし、すんなりと喋ることができるようになるまで練習しましょう。ただでさえ緊張する挨拶なので、感謝の気持ちを伝えるためにもしっかりと練習しましょう。

縁起が悪いので結婚式などお祝いの席では「忌み言葉」はNGです。普通に使っている言葉でも、忌み言葉となるものもあるので注意しましょう。

忌み言葉の例
別れる、壊れる、切る、終わる、離れる、失う、冷える、死ぬ、途絶える、帰る、戻る、破れる、裂ける、割れる、倒れる、疎んじる、重ねる、流れるなど
重ね言葉の例
再度、たびたび、重ね重ね、くれぐれも、ますます、返す返す、またまた、しばしば、繰り返し、相次いで、皆々様など


【両親が謝辞を述べる場合】
①自己紹介
新郎の父、◎◎でございます。両家を代表いたしまして、一言お礼のご挨拶を申し上げます。
②列席者へのお礼の言葉
本日はご多忙中にも関わらず、このように大勢の皆様にご列席頂き、誠にありがとうございます。
③媒酌人へのお礼の言葉
○○様ご夫妻には本日の媒酌の労をおとり頂き、誠にありがとうございました。両家を代表致しまして、心より御礼申し上げます。
④祝福へのお礼の言葉
また、本日は皆様からありがたいご祝辞や心あたたまる励ましのお言葉を頂きまして、新郎新婦はもちろんのこと、私ども両親、親族にとりましても、身に余る光栄でございます。
⑤親としての心情
こうして実際に2人の晴れ姿を見ておりますと、親として感激もひとしおでございます。新郎新婦には、今日の喜びと感激を忘れぬよう努力を続け、皆様のご期待に添えるような、明るく楽しい家庭を築いていって欲しいと願っております。
⑥今後の新郎新婦へ支援のお願い
本日、人生の新しいスタート地点に立った2人ではございますが、まだ世間知らずで半人前の夫婦でございます。今後とも皆様にはお世話になることと存じますが、あたたかく厳しいご指導、ご支援のほど、何卒宜しくお願い申し上げます。
⑦結びの言葉
慣れない宴席で不行き届きの点もあったかと存じますが、どうかお許しください。結びにご臨席の皆様のご健勝とご多幸をお祈り申し上げ、両家代表のご挨拶にかえさせていただきます。本日は、まことにありがとうございました。

【新郎が謝辞を述べる場合】
①列席者へのお礼の言葉
ご列席くださいました皆様、本日はお忙しい中、私どものためにお集まり頂きまして、誠にありがとうございました。
②媒酌人へのお礼の言葉
本日媒酌の労を賜りました○○様ご夫妻には心より御礼申し上げます。
③祝福へのお礼の言葉
また、先ほどは、皆様からお心のこもったご祝辞や、あたたかい激励の言葉を頂戴し、感謝の念に耐えません。
④現在の心情
私たちが、本日こうして晴れて夫婦になれましたのは、皆様があたたかく、ときには厳しく見守っていてくださったからだと、深く感謝しております。これからは2人、皆様のご期待に添えるよう、力を合わせて温かい家庭を築いてまいります。
⑤今後の指導のお願い
まだ未熟でいたらない私たちですが、皆様にはこれからもご指導ご鞭撻のほど、心より宜しくお願い申し上げます。
⑥結びの言葉
最後になりましたが、皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げまして、私のごあいさつにかえさせていただきます。本日は誠にありがとうございました。



最初の挨拶の言葉~親編~

皆様、本日はお忙しい中、(新郎)と(新婦)のためにお越しくださいまして、本当にありがとうございます。

皆様、本日はご多用中のところ、(新郎)家、(新婦)家の結婚披露宴にご列席をいただき、誠にありがとうございます。

本日はご多用のところ、このように多くの方々にご臨席を賜り、心よりお礼申し上げます。

本日は(新郎)と(新婦)のために、お忙しいところご参集賜りまして、誠にありがとうございます。

本日はご多用中のところ、曲げて来臨を賜わり、誠にありがとうございます。

最初の挨拶の言葉~新郎編~

皆様、本日はお忙しい中、私たち2人のためにお集まり頂きまして、本当にありがとうございました。

本日はご多用中のところ、私どものためにお越し頂きまして、誠にありがとうございます。

本日は公私ご多忙中にもかかわらず、私どものためにご来臨賜わりまして、誠に光栄に存じます。

本日は遠方にもかかわらず、私どもの結婚披露宴にお運び頂きまして、心より御礼申し上げます。

皆様、本日はご多用中、また休日にも関わらずご臨席を賜りまして、誠にありがとうございます。

祝福へのお礼の言葉~親編~

ただいまはご媒酌人の○○様をはじめ、ご来賓の皆様及びご列席の皆様より身に余るお祝いのお言葉を頂戴し、厚く御礼申し上げます。

皆様方よりの温かいお祝いや励ましのお言葉を頂き、新郎新婦にとってはこの上ないはなむけとなったことと思います。

先ほどから沢山のお祝いのお言葉やもったいないようなお褒めの言葉まで頂戴致しまして、親として本当に嬉しく、そしてありがたく思っております。

先ほどからたくさんのご祝辞をちょうだいし、両家親族に取りましても、誠にありがたく、光栄に存じます。

本日皆様よりたくさんのお祝いのお言葉を頂戴致しまして、身に余る光栄と、心感謝しております。

本日皆様から身に余るご祝辞や有益なご助言をいただき、新郎新婦はもとより、両家親族一同この上ない喜びと存じ、心より御礼申し上げます。

祝福へのお礼の言葉~新郎編~

ご媒酌人の○○様をはじめ、ご来賓の皆様及びご列席の皆様より心のこもったお祝いや励まし、ご教訓などのお言葉をいただきまして、深く感謝いたしております。

先ほどから、ご祝辞や心あたたまる励まし、ご教訓をたくさん頂戴し、身に余る光栄に存じます。

先ほどより、皆様からお心のこもったご祝辞や温かい励ましのお言葉を沢山頂きまして、私たち2人とも言葉にならないほど感激いたしております。

先ほどから心のこもったご祝辞や激励のお言葉を沢山頂戴し、身に余る光栄です。

沢山のご祝辞や励ましのお言葉を頂戴致しまして、○○ともども、心より厚く御礼申し上げます。

今後の指導・支援のお願い~親編~

新郎新婦に、どうかこれからも変わらぬご指導ご鞭撻を賜わりますよう、心よりお願い申し上げます。

これからも皆様のお力をお借りし、ご指導を仰ぐ機会が多々あることと存じます。どうか若い2人に、あたたかいお力添えを宜しくお願い申し上げます。

まだ未熟な2人でございますので、末永いご指導ご助言をいただきたく、改めてお願い申し上げます。

何かと至らない2人のことでございます。今後とも皆様のお導きが必要となることでしょう。どうかこれからもご支援・ご指導のほど宜しくお願い申し上げます。

今後とも、皆様には温かく厳しいご指導をいただき、縁あって結ばれました2人を、見守ってくださいますようよろしくお願い申し上げます。

今後の指導・支援のお願い~新郎編~

皆様には、これからもどうか変わらぬご指導のほど、心よりお願い申し上げます。

まだ世間知らずの2人でございます。皆様には、これからもご指導、ご支援賜わりますよう、宜しくお願い申し上げます。

なにぶん未熟な私たちでございます。皆様方にはご指導を仰がなければならないことが多々あるかと存じます。どうぞ、これまで以上に公私にわたるご助言、ご教示を賜わりますよう、宜しくお願い申し上げます。

未熟で至らないことの多い私どもではございますが、皆様には今後とも、ご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。

結びの言葉

結びに皆様の末永いご健康とご多幸をお祈り申し上げ、私のご挨拶と致します。本日は誠にありがとうございました。

誠に簡単ではございますが、これで両家代表のご挨拶にかえさせていただきます。本日は本当にありがとうございました。

本日は粗宴、粗酒で、なにかと行き届かぬ点もあったかと存じますが、何卒お許し願います。結びに皆様のご健康をお祈り申し上げ、ご挨拶にかえさせて頂きます。本日は誠にありがとうございました。

最後になりましたが、皆様のご健勝をお祈り申し上げます。本日はお忙しいところ、誠にありがとうございました。

皆様の祝福に改めて感謝申し上げまして、私のご挨拶とさせていただきます。本日は誠にありがとうございました。

気候や天気のよくない時に使う言葉

雨降って地固まると申しますが、あいにくの雨模様の中、遠路よりご列席くださった皆様には、改めて御礼申し上げます。

お足元が悪い中をご臨席いただきましたこと、深く感謝申し上げます。

暑さの厳しい中をお越しいただき、誠にありがとうございます。

皆様には道中お暑い中を、2人の結婚披露宴にお運びくださいまして、心より御礼申し上げます。

寒さの厳しき中を、お運びいただきまして、誠にありがとうございます。