全国の結婚式・結婚式場クチコミ満載の情報サイト

ログイン 新規会員登録
結婚準備ガイドお呼ばれマナー > お呼ばれマナーQ&A サイトマップ





Q1どうしても出席できない…

事情を正直に話す場合と話さない場合はケースバイケース まずは、電話でお祝いの言葉と「調整してみるけど出席できないかも…」と報告しましょう。その後少し時間を空けて返信ハガキを出すのがベター。
仕事や妊娠などの場合は正直に話してOKですが、弔事や病気などの暗い内容や、他の結婚式と重なった場合は「やむを得ない理由で」「どうしても都合が」などハッキリかかない方がいいでしょう。誤解のないように式の後できちんと説明しましょう。
ご祝儀は、『1万円』ぐらいの『品物』が一般的です。出席できなくても心をこめて選んだ品物なら気持ちも伝わります。お祝いは早めに贈り、当日は式場宛に祝電を送りましょう。

Q2結婚式の直前に突然行けなくなった…

まずはすぐに電話しましょう
出来るだけ早く連絡して迷惑をかけないようにしましょう。勝手に代理人を立てるのではなく、その後の判断は先方に任せましょう。急用の場合は、「やむを得ない事情で」などとぼかした言い方で連絡し、誤解のないように、後日あらためて電話でお詫びと事情を説明しましょう。
ご祝儀は、当日の出席用に用意した金額を後日改めて直接渡しましょう。遠方の場合は郵送でもやむを得ませんが、お祝いとお詫びのメッセージも忘れないように気をつけましょう。

Q3親しくない人から招待状が…

出席の気持ちがない場合はハッキリと断わりましょう
通常の場合と同じく、まずは電話でお詫びとお祝いの言葉を。その後返信ハガキを出し、当日に祝電を送ればより丁寧ですが、返信ハガキのみでも可。
招待状をもらった以上、交友度合いに関係なくご祝儀を渡しましょう。相場は1万円ぐらいですが、金額にはあまりこだわらず品物を送りお祝いの気持ちを伝えるのが良いでしょう。

Q4不幸が重なってしまった…

四十九日の忌明け後ならば問題ありません
家族や親族の場合は、連絡して欠席しましょう。また、忌中であっても、新郎新婦との関係、故人との関係によっては通夜や告別式に参列した後、都合がつけば結婚式に出席しても問題はありません。

Q5挙式に遅刻しそう…

まずは会場に連絡を入れましょう。
おめでたい席に遅刻をするのは大変失礼なことですが、やむを得ず遅刻してしまう場合は、まず会場に連絡し、受付係もしくは友人に伝えてもらいます。
挙式に遅刻しそうな場合は、厳粛な儀式の進行を妨げてしまうので入場はあきらめて、披露宴から出席しましょう。また受付が終了しご祝儀を渡せなかった場合は、本人に直接渡さず、係りの人から渡してもらうか、式が終わってからご家族の方に事情を話してお渡ししましょう。

Q6披露宴に遅刻しそう…

まずは会場に連絡を入れましょう
まず会場に連絡を入れ遅れることを伝えましょう。会場到着後はスタッフに遅刻した旨を伝え、スタッフの指示に従い目立たないように入りましょう。
あわてて扉を開けると、披露宴会場の雰囲気を台無しにしてしまうことになりかねません。

Q7披露宴を中座しなければいけなくなった…

区切りがよいところで目立たないように退場しましょう
どうしても抜けられない用事が入ってしまった場合は、区切りの良いところで静かに退席しましょう。また、はじめから中座がわかっている場合は新郎新婦側にその旨を伝えておきましょう。後日、お詫びすることを忘れないように。

Q8代理出席はしてもよい?わるい?…

先方に確認しましょう
先方に連絡を入れて「代理でもかまわない」と了解を得た場合は、代理出席OKです。
先方に確認せず、代理人を立て出席するのはNGです。

Q9「平服で」と書かれていたら…

平服とは普段着のことですが、この場合は正装じゃなくて大丈夫ですよ、という意味です。普段着でよいということではありませんので気をつけましょう。
女性は、華やかなワンピースやスーツ。黒一色の場合はアクセサリーやコサージュで色をプラス。
男性はダークスーツで、ネクタイは明るくおしゃれなものを選びましょう。
ジーンズや白一色(白は花嫁の色です)などは絶対にNGです!

Q1お祝いの品はどんな物がいいの?(親しい友人の場合)

結婚式の記念になる品物がオススメです!
新郎新婦が親しい友人の場合、気兼ねなく希望の品物を聞きましょう。贈る相手の希望に添った贈り物を準備し、お祝いの気持ちを伝えよう。

Q2お祝いの品はどんな物がいいの?(あまり親しくない場合)

無難な物をチョイスするか、本人たちの欲しい物を聞こう
あまり親しくない間柄では、何が欲しいのか分からないので、本人たちの欲しい物を聞いてみましょう。もし聞けない場合は、タオルや食器などの実用品が無難なものを選びましょう。自分が使ってみてオススメな品物を選んでもいいでしょう。

Q3お祝いに向かない品物は?

「切れる」「割れる」など縁起の悪い言葉を連想するものはNG
包丁やナイフ、ハサミなどの切れるものや鏡などの割れるものは、縁が切れる等を連想させお祝いにはNGです。ただし、贈る相手が親しい間柄で、本人たちが希望しているのであればOKです。グラスや陶器等も最近人気がある品物なので、本人たちが気にしないのであれば贈っても問題ないでしょう。

Q4いくら位の品物を選べばいいの?

友人であれば3万円くらいが妥当
品物で3万円でも、品物で2万円・現金で1万円、その逆でもOKです。
また、友人同士でお金を出し合って高額な品物を贈るのもいいでしょう。

Q5品物を贈るときの注意点は?

縁起の悪い品物を選ばないことの他に注意したいのは品物の数です。お祝いでの数は、4・9は死・苦を連想させるため避けて、割り切れないという意味で奇数がよいでしょう。ただし、ペア(2)・半ダース(6)、1ダース(12)は1組と考えて、気にしなくても大丈夫です。

Q6いつ渡せばいいの?

現金も品物も結婚式の1週間前までに持参するのが常識
特に品物は結婚式当日に持参すると迷惑がかかるため、当日の場合は目録を持参しましょう。また、結婚式に招待されなかった場合は、結婚式の後で贈る方が相手に気を使わせずにすみます。

Q7お祝いの贈答様式は?

品物にはお祝いのメッセージと熨斗(のし)紙をつけましょう
印刷の熨斗紙が主流となって来ましたが、本格的に水引を掛ける場合は、紅白の奉書紙で包み、熨斗を付け、水引は金銀(7本か10本)で結切りを用いるのが基本。印刷の熨斗紙の場合、水引は赤金または赤銀の(7本か10本)で、結びは結切りに。

Q8披露宴に招待されていない場合のお祝いは?

お祝い金または品物の金額は、5千円から1万円ぐらいが妥当
現金で渡すのにこの金額はちょっと…と思うのであれば、同額の品物や商品券などを送りましょう。お祝いのメッセージも忘れずに添えましょう。品物は実用品がいいでしょう。贈る時期は、挙式後2~3週間で先方に届くよう手配しましょう。