全国の結婚式・結婚式場クチコミ満載の情報サイト

ログイン 新規会員登録
結婚準備ガイドお呼ばれマナー > 結婚式出席準備マニュアル サイトマップ

結婚式の招待状があなたに届きました。でも「返信ハガキって正しくはどう書くのだろう?」「正しい返信の仕方は?」という、あなたの為に。基本やマナーを知っておこう!



招待状が届いたらなるべく早めに返事をしましょう。出欠の連絡からお祝いの気持ちを伝えるような一言を添えると喜ばれます。返事が来ないと引出物、披露宴の手配などが遅れてしまう可能性がありますので、遅くとも2~3日中には返信するようにしましょう。

01返信はがきの書き方




お祝いを当日持参することが多いけど、本来は事前に贈るのが正式。
お祝いの品物は式の1週間前までに直接手渡しましょう。
現金は当日でもOK。どちらも新郎新婦との関係を考えて、無理のない範囲で送ることが大切。祝儀袋と新札を事前に用意しておくこと。

01同僚・部下・友人の場合

最近では親しい友人へのご祝儀は3万円が相場となります。ただし社会人1、2年目であれば、2万円でも問題はありません。偶数は分かれてしまう数の為避けられてきましたが、最近では2という数字をペアと考え、2万円を包むことも珍しくなくなりました。ただし偶数、奇数と言う数字を気にされる新郎新婦もいらっしゃると思います。2万円を包む場合は、1万円札と5千円札を2枚にし、枚数を奇数にすると気持ちが通じて良いでしょう。

02夫婦で招待を受けた場合

基本的に一人で結婚式に出る時の2倍のご祝儀を贈ります。この時二人分まとめてご祝儀袋に入れ贈ります。そうなると一人2万円から3万円と考えた場合は二人で4万円もしくは6万円となりますが、単純に倍の金額と言っても間を取って5万円が相場と言えます。

03御祝儀袋の選び方

ご祝儀を入れる袋は、水引の結びが蝶結びの物は選ばないようにしましょう。何度も繰り返されてほしいという意味があるので、出産祝いなどには向いていますが、婚礼での使用はタブーとされています。
水引は一度きりの意味を持つ結びきりの物を使用します。
また、市販のご祝儀袋は、水引が印刷されているようなシンプルなものから豪華なものまで、その種類は様々です。つい豪華な物を選びたくなりますが、選ぶポイントとしては贈る金額とのバランスとなります。一般的に贈る金額が高ければ、ご祝儀袋のデザインも華やかなものを選びます。最近のご祝儀袋にはパッケージに「1万円~3万円用」などと贈る金額の目安が書かれている場合もありますので購入の際には参考にすると良いでしょう。
■お祝儀袋とは・・・ほどいてまた結ぶ蝶結びのお祝儀袋は使用しません。結婚用に使用される祝儀袋は、1度きりと言う意味持つ結び切りの水引を用いる事が基本となります。お祝儀袋を結婚式場へ持っていく場合はふくさに入れて持っていくようにしましょう。

04お祝儀袋の値段の目安

■5,000円~1万円のお祝儀を入れる場合・・・・・・

■1万円~3万円のお祝儀を入れる場合・・・・・・・・・
■3万円~5万円のお祝儀を入れる場合・・・・・・・・・
■5万円以上のお祝儀を入れる場合・・・・・・・・・・・・
お祝儀袋の値段200~400円程度
(水引が印刷されているものは、緊急の場合以外は使用しないほうが無難です)
お祝儀袋の値段300円~500円程度
お祝儀袋の値段500円~2千円程度
お祝儀袋の値段1千円~2千円程度

05お祝儀表書きのマナー

■筆記用具…ボールペンや万年筆などで表書きをするのはマナー違反と言われています。必ずサインペンや筆ペン、毛筆などを使用して下さい。墨を使用する場合は必ず墨が濃いかどうかの確認して下さい。薄いものは仏事の書き方となります。
■表書き例・・・「寿」「御結婚御祝」「御祝」の文字は大きく、名前はやや小さめに書くとバランスが取れます。
印刷されているご祝儀袋もありますが、文字の美しさより一字一字心をこめて書く事で気持ちがより伝わります。


06ご祝儀の中袋の書き方マナー

後日、中袋の記入事項は新郎新婦が確認する際に必ず使われます。住所や金額は必ず記入しましょう。金額は表面の中央部分に漢数字で記入し、住所記入欄が印刷されている場合は、住所をそちらに記入しましょう。郵便番号も忘れないように記入します。住所記入欄が無くても裏面左下に記入します。
表面に記入する金額の漢数字は例として壱萬円、壱萬圓、一万円のどれでもマナー違反ではありません。
■漢数字の参考例・・・
壱・一/弐・二/参・三/四/五/六/七/八/九/拾・十/百/千・阡/万・萬/円・圓

07ご祝儀の渡し方(当日)

披露宴が始まる30分前には会場に到着出来るよう時間には余裕を持ちましょう。
結婚式当日にご祝儀をお渡しする際の手順としては、まず受付の方に「本日はおめでとうございます」とお祝いの言葉を一言述べます。次に、ご祝儀袋をを取り出し袱紗から出し袱紗を軽く畳んで鞄にしまうか、懐に入れます。ご祝儀袋を両手で持ち、受付担当者が文字を読みやすい様に、ご祝儀を向けて渡しましょう。


結婚式におよばれしたら、せっかくだからとびきりオシャレをして出かけたい!と思うものです。 しかし、何でも着たいものを自由に着ていいわけではありません。これから結婚式の服装マナーを色々と紹介します。何を着ていけば良いのか?結婚式の服装の目安として下さい。

01女性の場合

■和服・・・
和服の正礼装は未婚、既婚で明確な差がありますが、最近は晩婚化に伴い、未婚だからと言っても必ず振袖を着る必要が無くなりました。色留袖でも正礼装とみなされます。また大振袖は花嫁が着る可能性がありますので、避けるのがマナーです。中振袖か、小振袖の方が結婚式には好ましいと言えます。
■洋服・・・
①真っ黒のドレスを着て行く場合はストールやバックなどを明るい色にして全身が暗いイメージにならないようにします。
②冬で寒い時に結婚式に行く時などでも真っ黒のタイツは避けましょう。黒いタイツを使用する場合はラメや飾りのついている物を使いましょう。
③正式な場での肩出しスタイルは避けます。ストールなどで肌の露出をカバーして下さい。
④つま先が見えるサンダルや、素足はタブーです。ナチュラルなストッキングにつま先の見えないミュールや少しヒールのあるパンプスがベストです。
⑤強い香水や派手すぎる巻髪などゴージャスすぎるようなオシャレは避けます。
⑥派手な色のドレスを着る場合は小物を黒でまとめるなどして全体が派手すぎないようにします。

02男性の場合

■洋服・・・
①パンツの裾はシングルを選ぶのがベストです。
②カジュアルがOKとされていても、ビビッドカラーのスーツは下品に見られてしまうので避けます。
③平服を指定されてもTシャツGパンはタブーです。夜のおよばれでは、「ちょっと派手かな?」と思うくらいのスーツで出かけましょう。
④ブラックスーツにシルバータイが定番と言えます。シャツをカラーシャツにしたり、ネクタイに工夫をすればおしゃれ感は上がります。

03子どもや学生の場合

■洋服・・・
子どもの服装に決まりはありません。制服がある時は制服が礼装となります。
女の子の場合、ワンピースにリボンなどのアクセサリーなどをプラスして、フォーマルな装いにするとベストです。
男の子の場合はブレザーにズボンをあわせ、ネクタイや蝶ネクタイを付けて格好良く決めてあげて下さい。
靴だけ浮いたりしないように気を付ける事もポイントです。