全国の結婚式・結婚式場クチコミ満載の情報サイト

ブライダルマガジン >花嫁の手紙で流したい!おすすめBGM特集 サイトマップ

花嫁の手紙で流したい!おすすめBGM特集

結婚式も終盤に入り、いよいよクライマックスともいえる花嫁の手紙。この手紙の朗読はしっとりと聞かせるシーンですから、一般的にはメッセージ性の強くない洋楽やインストゥルメンタルの曲がおすすめです。一方で、邦楽の曲にも絆や感謝を歌った素敵な曲がたくさんありますよね。日本語の歌詞に二人の思いを込めてBGMにする方法も!オルゴールのバージョンもすてがたい・・・。花嫁の手紙で流したい、雰囲気を引き立てるおすすめBGMをご紹介します。

洋楽

Bette Midler「The Rose」

花嫁の手紙BGM定番の曲、選ばれるにはわけがあります。優しいピアノから始まる印象的な音と、切ないのになぜか温かさを感じる歌声に会場は感動に包まれます。たくさんのアーティストにカバーされていますので、お気に入りを見つけて下さい。

Elton John「Your Song」

タイトルを邦訳すと「僕の歌は君の歌」。ピアノの弾き語りでシンプルなのに心に響くメロディーは、時代を超えた永遠のラブソングです。「感動的で甘い」といわれる歌詞は、ロマンチックでピュアな想いが表現されています。

Ben E. King「Stand By Me」

誰もが知る名曲は、心地よいリズム。テンポの良いこの曲調が会場の温かい雰囲気を演出してくれます。感動を誘う曲もいいですが、「これから人生を二人で歩いていく」という気持ちを表現するのに最適な素敵な曲です。

Celtic Woman「Raise Me Up」

ケルティック・ウーマンの天使のような歌声は神聖な雰囲気を創る出し、ゆっくりとしたメロディーは会場に感動を誘います。中盤から後半にかけての壮大な曲の盛り上がりが、花嫁の手紙のBGMにぴったりの名曲です。

Carpenters「Yesterday Once More」

カーペンターズの懐かしく優しい曲調と歌声に、会場が温かくなります。ご両親への感謝の気持ちを伝えるときは、ご両親もご存じであろうカーペンターズをかけると、気配りが伝わります。

邦楽

清水翔太「君が好き」

歌唱力の高さと歌詞の良さとが引き立つ清水翔太さんのこの曲。清水翔太さんの曲を結婚式で使いたい! という人が多いのには誰もが納得です。「君が好き」とサビに入っているこの歌がシンプルですが温かく、多くの人に選ばれています。

綾香「ありがとうの輪」

切ないピアノと、綾香さんの歌唱力に引き込まれるミドルバラードチューン。今日まで育ててきてくれた大切な両親への思いをそのまま表現した歌詞は、まさに花嫁からの手紙にぴったりです。いつもは、恥ずかしくて言えない言葉をこの曲にのせて。

坂本龍一「AOUA」

坂本龍一が、娘さんのために作ったインスト曲のピアノバージョン。シンプルな曲の中に愛情を感じる素晴らしい曲です。ゆったりとした印象の曲調が、花嫁の手紙を一艘盛り上げてくれます。

ゴンチチ「放課後の音楽室」

タイトルを知らずとも、誰もが一度は耳にしたことのある名曲です。アコースティック・ギターの優しい音色が心にしみるこの曲は、花嫁が手紙を朗読するのを邪魔せず、会場を温かいムードに包んでくれます。

荒井由実「やさしさに包まれたなら

しんみり・しっとりばかりが、花嫁の手紙ではありません。明るく優しいユーミンの歌声とポップなメロディーに会場は包まれます。「あの子らしい選曲・・・」と誰にも思わせる印象の強い曲です。会場をハッピーな雰囲気にしたい方にはおすすめです。

中島みゆき「糸」」

中島みゆきさんの名曲「糸」は、ご両親世代も思わず涙ぐんでしまうはず。歌詞の「仕合せ」という言葉は運命・巡り合わせという意味の言葉で、結婚やこれからの二人、結婚の大先輩でもあるご両親にもぴったりです。