全国の結婚式・結婚式場クチコミ満載の情報サイト

ブライダルマガジンスタイル > 神前スタイル 挙式 サイトマップ
Index 教会スタイル 神前スタイル 人前スタイル
神前スタイル
神前式とは

有名人の神前式をテレビで見る機会が多く、伝統的で拡張の高さで人気を集めている。特に由緒ある神社での挙式は厳かでなかなか予約も取りずらくなっています。
神前式は家と家の結びつきを大切に考え、参列は親族のみであったが最近では友人も列席できる神社が増えてきています。しきたりや儀式などとても堅苦しい印象もありますが、その一つ一つには重要な意味があり、それを理解すると更に式に対して感慨深いものになるでしょう。

神前式の注意とアドバイス

神社に控え室が無い場合は、披露宴会場のホテル屋レストランで集合してマイクロバスなどで一緒に移動するのが良いでしょう。友人の参列を禁止している神社もあるので確認を。儀式中は写真撮影は一切禁止です。親族紹介について神社で行うところもあれば行わないところもあります。事前にご両家で話し合いをしておきましょう。

神前式の流れ

参進の儀 さんしんのぎ

神前挙式の幕挙げ。花嫁道中・花嫁行列。雅楽の調べのなか神職や巫女さんに続き親族が神殿まで進む。


入場

新郎新婦、媒酌人、親族の順に入場。


修祓の儀 しゅうふつのぎ

神職がおはらいの言葉を述べたあと、大幣(おおぬさ)を振って祓い清める。


三献の儀 さんこんのぎ

大中小3つの杯で、それぞれ3口でお神酒を新郎新婦で飲み交わし永遠の契りを交わす。


誓詞奏上 せいしそうじょう

新郎新婦が神前で誓詞を読み上げる。


玉串奉奠 たまぐしほうてん

新郎新婦がそれぞれ玉串を神前に捧げる。榊の根元を神前に向け二拝二拍手一礼をする。


指輪の交換

新郎新婦が互いの左薬指に指輪をはめる。


親族杯の儀 しんぞくはいのぎ

両家の親族が絆を固めるためにお神酒を三口に分けて飲み干す。


斎主挨拶・退場 さいしゅあいさつ

斎主が式の終了を告げる祝詞を読み上げる。新郎新婦、媒酌人、列席者の順で退場。