全国の結婚式・結婚式場クチコミ満載の情報サイト

ブライダルマガジン挙式スタイル > 人前スタイル サイトマップ
Index 教会スタイル 神前スタイル 人前スタイル
人前スタイル
人前式とは

特定の宗教ではなく、日頃お世話になっている方たちの前で結婚の誓いを立て、承認してもらう式です。列席者善意が二人の結婚の立会人となります。決まったスタイルがなく自由にアレンジすることができるため二人の思い出深い式になるでしょう。

人前式の注意点

フリースタイルで自由にアレンジすることができる反面、自己満足に終わってしまうこともあります。シンプルにし過ぎてお手軽な印象になってしまうこと。個性的にし過ぎてゲストが疑問を感じてしまうこと。また、司祭や斎主など式を進行する人がいないので、絶対に司会者や進行役が必要です。堅苦しくなく、要所でピシッと締めるようなセレモニーがオススメです。進行役とは音楽・動き・司会など十分なリハーサルと時間が必要でしょう。

人前式の流れ(一例)

新郎新婦入場

新郎新婦お二人で入場又は、新婦と父親と入場。


結婚の宣誓

二人で一緒に、又はそれぞれが誓いの言葉を述べる。
一番二人らしさがでるシーンなのでしっかり考えましょう。


指輪交換

新郎新婦で指輪を交換する。指輪の交換の前にリングガールが指輪を運んだりする演出をしてみては。


ウエディングキス

新郎が新婦のベールを上げ、誓いのキスをする。


結婚証明書に署名

婚姻届に署名しても可。立会人代表の方に署名をもらう方法もいいでしょう。


結婚の承認

立会人代表の方の挨拶→全員の承認の確認などお願いする方法もいいでしょう。


退場

フラワーシャワー・シャボン玉・巨大クラッカーなどの中華やかに退場するのもおすすめ。



【宣誓文例1】
本日、私(新郎氏名)と(新婦氏名)は今日ここに、皆さまの前で結婚の宣言をいたします。祝福してくださった皆さま、育ててくれた両親への感謝の気持ちを忘れずに、二人で信じ合い助け合って太陽のような家庭を築いていくことをここに誓います。

【宣誓文例2】
《新郎のみ》私(新郎氏名)は、(新婦氏名)を妻として楽しいときも辛いときも、ふたりで分かち合い喧嘩しながらも仲良く生涯変わらず愛し続けることを誓います。
《新婦のみ》私(新婦氏名)は、(新郎氏名)を夫として楽しいときも辛いときも、ふたりで分かち合い喧嘩しながらも仲良く生涯変わらず愛し続けることを誓います。
《二人で》私たちは今日ここにお集まり頂いた皆さまの前で温かく幸せな家庭を築いていくことを誠意をもってここに誓います。