全国の結婚式・結婚式場クチコミ満載の情報サイト

ブライダルマガジン結婚の約束を交わしたら… > 結納 サイトマップ
結納

結納とは…

両家が親類となって「結」びつくことを祝い、贈り物を「納」め合う儀式のことです。これにより、婚約を公に交わしたことになります。

正式結納と略式結納がありますが、 最近では略式結納を行うことが多いです。両家がどちらかの家や、ホテル、式場などに集まり、2人を中心として、結納品の交換と食事を行います。

結納パックも多く利用されています。結納、食事会などがセットになっていて、ホテルや、式場に全て準備してもらえるので、スムーズに進めることができ、オススメです。

結納品

両家の親族同士が結びつく事をお祝いする為にそのお祝いの品として贈るのが結納品です。
一言で結納品と言っても贈られる物は地域によって変わってきますのであらかじめ両家の親に確認を取っておく必要があります。

結納品は水引で豪華に飾られており、費用の相場は一式で数万円から数十万円と内容によって異なります。

結納品の数は5品・7品・9品など奇数とされており2つに分かれない数でそろえるのが基本です。
しかし最近では偶数は2で割れることから「別れる」ことを連想させてしまう為、避けられるというのは俗説で、偶数でも2だけはペアだから良いものとされつつあり、本来の意味が失われつつあります。

結納金

「このお金で結婚の支度をしてください」と新郎家から新婦家へ贈る結納金は、100万円が一般的ですが、50万円、70万円などの奇数にするのも良いでしょう。
女性は結納金の半額を「結納返し」として贈ります。
金額は地方によってさまざまなので、両家でよく相談しましょう。

仲人を立てるかどうか決める

親に相談した上で、仲人を立てるかどうかを決めましょう。仲人を依頼する場合一般的に上司や恩師、親戚など、信頼できる年配のご夫婦にお願いします。

結納に相応しい服装

新郎・父親はブラックスーツかダークスーツに白いワイシャツ又は白かシルバーグレーのネクタイ。靴下と靴は黒。

新婦と母親は明るめの上品なスーツ又はワンピース。
和装の場合(新婦)華やかな振り袖や訪問着。(母親)紋付きの色無地か訪問着、付下げなどが適してます。

結納をする場合


仲人を立てるかどうか決定する


仲人を立てる


仲人を依頼する



仲人を立てない

仲人を立てない


結納費用の負担するかどうか決定する


結納品を贈るかどうか決定する


結納品を購入する


結納返しを購入する


必要な書類を用意
(家族書・親族書・健康診断書など)


結納時の服装を準備する


結納をする


装いのポイント
一番大切なことは両家の格を揃えることです。どんな服を着るか事前に連絡と確認を。