全国の結婚式・結婚式場クチコミ満載の情報サイト

ログイン 新規会員登録
ブライダルマガジン人気Wedding特集 > ガーデンウェディングについて サイトマップ
人気Wedding特集 もっとウェディングについて知りたいを教えます!!
ガーデンウェディング

ガーデンウェディングについて

穏やかな季節、気持ちの良いお天気の日、日差しをたっぷり浴びながらふたりの門出を祝福するシーンは大変絵になるものです。日本では専ら屋内型の結婚式が定番だったのですが、ここ数年は、この開放感溢れるガーデンウェディングが屋外型ウェディングとして大変人気を集めています。結婚式専門のゲストハウスや広めの個人邸宅、最近では一般の結婚式場やホテルの中庭など、様々な場所でガーデンウェディングが可能となっています。
パーティー感覚の気軽でカジュアルな要素が強く、ゲストと新郎新婦が一体感を味わえるウェディングスタイルとして注目されています。
一口にガーデンウェディングと言っても、挙式から披露宴まで、最初から最後までをガーデンで行うパターンと、一部のみをガーデンで行うパターンとがあります。
天候に左右されたり、ゲスト人数によっては窮屈になったり、席の確保状況次第でゲストに迷惑になったりと、屋外ならではのメリットやデメリットもありますので、ガーデンウェディングを企画する場合は、想定されうるデメリットへの対処策を充分に配慮することが重要になります。例えば、雨天時のために屋内会場を別途予約や、ご年配の方のために庭に特別席を用意するなど、ちょっとした工夫とアイディアがスムーズ且つ気持ちの良い結婚式のポイントとなります。

ガーデンウェディングの魅力・人気の理由

ガーデンウェディングの最大の魅力、それは何と言ってもオープンエアという開放感にあります。天井も無い、壁も無い、自然あふれるロケーションが和やでオシャレな時間を演出してくれます。海外のホームパーティーのように、誰もが笑顔で自由な時間を思う存分堪能して頂きたいというカップルの願い。形式にとらわれず、おふたりらしさ溢れるパーティーこそが記憶に残るウェディングとしてゲストの心に刻まれることでしょう。
お庭での時間をメインとしたこのスタイルは、場所により挙式場所がない場合も多く、しばしば人前式という挙式スタイルで執り行われることがあります。日頃お世話になっている方々の前で永久の誓いを立て、ゲスト全員がその立会人として進行するセレモニーであるこの人前式は、宗教や形式を問わない自由な挙式スタイルとして今人気を集めています。
ガーデンウェディングというと、明るい日差しの下での鮮やかな結婚式をイメージする人が多いと思いますが、最近ユニークなところで、ナイトガーデンウェディングなるものも登場しました。キャンドルや間接照明といった光の演出で昼とはまったく異なる雰囲気のガーデンウェディングは幻想的な雰囲気と癒しを与えてくれます。お仕事後でも参加出来ることやお食事の時間がベストタイミングであること、また季節によっては昼間の暑い時間帯を避けられるので快適に過ごすことができ、会場も比較的リーズナブルに押さえられるなどのメリットもあり、最近人気を集めはじめています。また夜ならではの演出として、花火の打ち上げなども結婚式を盛り上げてくれます。

比較しよう!ガーデンウェディング

憧れのガーデンウェディング。新郎新婦とゲストが一体感を味わえ、一味違った心に残る結婚式としてこのスタイルを検討されているカップルも多くいらっしゃいます。
完全に独自でプランニングするようなガーデンウェディングスタイルもありますが、最近では結婚式場やゲストハウスにガーデンウェディング専用スペースを設けている場所も多く、専任のブライダルプランナーによって、屋内と同じような感覚で企画する事が可能です。しかし当日の天候までは保障出来ませんから、屋内と屋外を行き来出来るスタイルを選択すれば大変安心です。
ただし、アクセスが良く、都会の中心にあるような結婚式場ではもともとガーデンスペースに限りがあり、人数や演出がどうしても制限されてしまいがちです。広々とした敷地を有する施設となると、どうしても郊外型となる場合が多く、ゲストの足を考慮する必要も出てきます。余裕があれば送迎バスをチャーターしたり、近隣の宿泊施設を紹介したり、なるべくゲストに負担にならないような配慮もあると喜ばれるでしょう。
また、避暑地などが結婚式会場の場合、想定よりも気温が下がる場合もあり、季節によっては暖房設備の準備や、あらかじめゲストに服装いついて説明を入れておく方がいい場合もあります。 日本は欧米と違ってそもそも雨が多い気候風土です。
気候が比較的安定していて湿気の少ない欧米は屋外文化が生活に根付いており、それが結婚式事情にも繋がっていると考えられます。高温多湿になりがちな日本の気候風土を考えると、やはり適した季節は初夏や秋口が比較的適していると言えるでしょう。
ちょっとした配慮とおもてなしの心があれば、ガーデンウェディングは必ず誰の心にも残る結婚式になります。風船やウェルカムボード、ちょっとした小物やシャボン玉といった演出を上手に利用してふたりだけのオリジナル空間を作ってみてください。